上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■鹿島アントラーズサポーター必見の特集記事!
 本日発売の『週刊サッカーマガジン』では、鹿島アントラーズの特集として、鹿島再生計画という記事が掲載されております。プレシーズンマッチ・水戸戦の考察も一見の価値がありますが、鹿島アントラーズサポーターに是非、ご覧いただきたいのが、ジョルジーニョ監督、ジュニーニョのインタビューです。10Pに渡りボリュームも十分ですので、是非、ご覧下さい。

◇週刊サッカーマガジンリンク(⇒http://www.soccer-magazine.jp/clip/1938.html


■ジョルジーニョ監督インタビュー『全ての試合で、王者らしく』
<ダイヤモンド型システムの採用について>
 このブログでも何度も挙げさせていただいているダイヤモンド型システムについてですが、導入を決めた監督本人が、自身の言葉で導入までの経緯を語っております。詳細は、週刊サッカーマガジンをご覧いただきたいのですが、ポイントを述べると昨年までのシステムでは、ボックス型の横並びのラインにおいて、攻撃に対する厚みがなく、迫力が欠けていた事、それと同時に中盤に穴が空いているスポットがあった事という問題点が見受けられました。
 攻撃にも絡まない、守備にも絡まない無駄なポジションがあったので、それを埋めるためにこのシステムを導入する決断を下したとのことです。宮崎キャンプでダイヤモンド型の新システムを導入したところ、選手が対応することが出来たので、後は多少の微調整を加えれば、何も問題ないとのことです!開幕が本当に待ち遠しいです。

<現代サッカーで一番重要なポジションはサイドバック>
 ジョルジーニョ監督は、インタビューの中で、サイドバックというポジションは、現代サッカーでは一番重要なポジションになってきていて、攻守両面の貢献が必要と答えております。そのサイドバックというポジションは、ブラジル代表史上最高の右SBと呼ばれたジョルジーニョ監督の得意とするポジションですから、きめ細かい指導によって、新井場、アレックス、西、伊東、鈴木隆雅らサイドバック陣は、大きくレベルアップを果たすことが可能だと思います!

<ジーコが築き上げた土台は継続していく>
 ジョルジーニョ監督は、クラブ初のOB監督となりますが、OB監督を迎えてみて、一番良かったと感じる点が、クラブのフィロソフィーを既に理解してくれていることです。鹿島アントラーズには、ジーコが築いてくれた強固な土台があります。そのジーコが築いた、クラブの強みである『一貫性のある方針』『ファミリーとしての団結力』を良く理解してくれているジョルジーニョ監督は、その伝統を引き継いで指導してくれることを言明しております。鹿島アントラーズの伝統が弱まってきているというのをクラブOBの本田泰人さんは挙げておりましたが、本当に最高のタイミングでジョルジーニョ監督が就任されました。クラブが大事にしてきた『伝統』はまた脈々と後の世代へ受け継がれることになります。

<ベテランへの期待>
 ジョルジーニョ監督は、鹿島を出る時は34歳でした。その時のジョルジーニョは、全く衰えを感じさせず、トップフォームを保っておりました。日本では30歳を超えるとベテランと見られる風潮に抵抗があるようで、小笠原を始めとしたベテラン陣には大きく期待しているようです。監督自身の経験から来る言葉ですので、とても説得力がありますね!79年組の巻き返しに注目です!


■ジュニーニョインタビュー『勝者となるために』
<勝つために鹿島に来た!>
 ジュニーニョは、「優勝したい」「勝者になりたい」という強い気持ちを持って鹿島にやってきました。もう若くないため、現役生活もあと数年しかないと覚悟しているジュニーニョが、日本国内で数多くあったオファーの中から、鹿島アントラーズを選んだのは、『タイトルに最も近いから』とのことです。外から鹿島アントラーズをそのように評してくれていたことに喜びを感じるとともに、お互いに助け合って、鹿島を選んでくれたジュニーニョにタイトルをプレゼントしたいですね。

<多くのパサーがいるので、プレーの選択肢が増える>
 ここ数年のフロンターレには、パサーが中村憲剛しかいなかったのに対して、鹿島アントラーズには小笠原、増田、本山、柴崎と日本でも一流クラスのパサーが多数います。特に小笠原に対しては、ジュニーニョが日本で10年間プレーしてきた中で、ガンバ大阪の遠藤と並んで、「一番うまい選手」と感じているようです。その優れたパサー達から、出てくるパスの質が高いので、ゴールキーパーと1対1になるような、ラインぎりぎりの勝負が出来るし、プレーの選択肢も増えると感じているようです。今年のジュニーニョには、フロンターレ時代よりチャンスが多く訪れることになりますので、爆発の予感が漂います!

<クラブが求めるものを理解してくれている>
 ジョルジーニョ監督に対しては、実際に現役時代、ワールドカップでの活躍を見て、大変尊敬しているようです。その尊敬するジョルジーニョ監督から、たくさんの事を学ぶことを心待ちにしています。一方で、鹿島の若手に対して、ジョルジーニョ監督を通じて学んだことを何らかの形で還元したいと考えてくれています。以前、記事にしましたが、ジュニーニョは、本当に賢い選手ですので、川崎フロンターレ時代は、中村憲剛が日本を代表するパサーになったことに大きな手助けをしておりますし、近いところでは、昨年の小林悠の大ブレイクについても、その才能を引き出す一助になっております。

 鹿島アントラーズには才能溢れる若い選手がたくさんおります。鈴木満強化部長も、ジュニーニョの加入によって、大迫や興梠らFW陣がレベルアップすることを狙っていると以前語っておりますので、経験豊富なジュニーニョによって、周りの選手のレベルが引き上げられれば、本当に最高の補強となります!とても真剣に練習に取り組んでくれているジュニーニョには、とても期待しています!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。ジョルジーニョ監督は、ジーコの鹿島への愛情には足下にも及ばないとインタビューの中で語っておりますが、高年俸を捨てて、地球の裏側の鹿島の地まで約束を果たしに戻ってきてくれたジョルジーニョ監督の鹿島への愛情も相当のものだと思います。その愛情に、熱意に応えるべく選手達も頑張ってくれると思いますので、一年間、よろしくお願い致します!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/291-cf78e379
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。