上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■鹿島アントラーズの順位予想は久々の優勝候補圏外。結果で見返そう!
 毎年恒例のスカパーJリーグ開幕前特番が放送され、名物コーナーである順位予想が放送されました。解説者の方々の鹿島アントラーズの順位予想は、3人が4位(水沼・福田・浅野)、1人が5位(名波)、1人が6位(三浦淳)、1人が8位(野々村)でした。なるほど。一人くらいは、優勝争いに絡む予想をしてくれると思いましたが、予想以上に低評価をいただきました。確かに、攻撃の中核を担っていた野沢と田代が抜けた一方で、補強で計算が立つメンバーはジュニーニョのみ。そして、そのジュニーニョも、ベテラン選手のため、衰えが心配されています。純粋に個人の戦力値だけを見れば、前年より落ちていると捉えられるのも仕方ありません。それでも、私は鹿島アントラーズが優勝すると信じています。もちろん、鹿島アントラーズサポーターであるので、贔屓目に見てしまっていることは理解しておりますが、優勝を予想する根拠もあります。

<監督交代>
 監督の交代は大きなプラス要素と考えています。前任者のオリベイラ監督が、J史上に残る名将であることを否定するつもりはありませんが、長期政権でチームにマンネリ感、閉塞感がうまれていたのも事実です。オリベイラ監督は、信じたプレーヤーに対しては、とことん信じぬく監督であったため、メンバーの固定化による主力組とサブ組との試合出場への意識の差は必然的にうまれておりました。オリベイラ監督からジョルジーニョ監督に代わったことにより、サブ組のプレーヤーは、スタメン候補に名乗りをあげるため、キャンプから目の色を変えて練習に取り組んでおりますし、主力組の選手達もスタメンを失わないように、気合いが入っています。

 そうした良い競争感から、高いレベルでのポジション争いが行われていますが、今年、監督が交代して最も目玉になると思われることはシステムの変更です。布陣はどちらも4-4-2ですが、中盤は昨年のボックス型から、ダイアモンド型に変更になっています。ジョルジーニョ監督がフィゲイレンセ時代から得意とするフォーメーションであり、その布陣での戦い方に精通しているのに加えて、野沢という偉大な選手の穴を埋めることが出来る可能性を秘めた布陣です。昨年までのボックス型の中盤では、小笠原 - 増田 - 柴崎という優れた3人のプレーヤーが並び立つことは難しかったですが、今年のフォーメーションではそれが可能となっております。Jリーグ史上に残るプレーヤーであり、今年はコンディションが良好な小笠原に加えて、現役日本代表の増田、ザッケローニもその将来を嘱望している柴崎が名前を連ねる中盤は、他のどのチームにも負けない攻撃力を秘めた可能性を持っています。

<見逃せないプラスαの要素>
 鹿島アントラーズには、プラスαの要素があります。一つ目は、元日本代表・本田拓也の復調です。昨年は怪我によるコンディション不良に悩まされ、チームに貢献が出来ませんでした。今年も開幕から全開という訳には行きませんが、フィジカルトレーニングに既に復帰しているので、復帰はそう遠くないところだと思います。中盤をダイアモンド型にしたシステムでは、本田に相応しいアンカーのポジションがあります。ザックジャパンで貴重な戦力として、中盤に君臨していた男にとって、最も力を発揮できるポジションが用意されているので、自身の復権に向けて、相当な気合いが入っていると思います。
 仮に本田が完全復調を果たせば、本田は初めて『新戦力』として戦力に計上することが出来ます。昨年の順位予想では、鹿島の予想は全てが3位以内。優勝に推す声も多くありました。その理由の一つに本田の加入があったのは、間違いないでしょう。今年、本田が完全復調を果たせば、初めて『新戦力』として本田を計上することになります。日本代表クラスの戦力が加われば、当然順位も上がりますよね!

 もう一つが、外国人枠に空きがあることです。昨年のカルロン獲得の失敗を踏まえて、鹿島の戦い方にフィットするか慎重に調査してから、新外国人を獲得することが予想されます。ジョルジーニョ監督の希望も考慮するでしょうから、チームにフィットする可能性も上がります。チームの能力を著しく向上させるような外国人選手を獲得できれば、チーム力は一段階も二段階も上がります。切り札を残しながらシーズンを戦える点は、どこかのタイミングでネジを巻きなおすことが出来るということになりますので、余裕を持ってシーズンを戦えると思います。


■優勝争いに絡んでくるチームは、どこも不安要素を抱えている
 今季の3強として、ほとんどの有識者が挙げる以下の3チームですが、それぞれ不安要素を抱えています。

<柏レイソル>
 今シーズンはACL(AFCチャンピオンズリーグ)に初参入します。那須大亮、リカルド・ロボと手薄だったポイントを的確に補強して戦力に厚みを増したものの、ACLでの戦いが参入一年目の柏レイソルに高負荷を与えることは間違いありません。韓国・中国・タイのチームとの対戦が予定されているので、シーズンを戦いながら、過酷な移動を強いられますし、相手のラフプレーで選手が怪我をする可能性も考えられます。ACL参戦1年目から、リーグとの両立は厳しいのではないでしょうか。

<名古屋グランパス>
 鹿島アントラーズが優勝を争うにあたって、一番のライバルになりそうなのが名古屋グランパスです。闘莉王が残留したことで、昨年から戦力値をキープすることに成功し、今年も高い戦力を保っています。しかし、主力の高齢化という問題は見逃せません。去年、かなり故障者に悩まされましたが、今年も主力陣の高齢化により、昨年度と同等か、更なる故障者の数に悩まされる可能性は十分に考えられます。今年は目立った補強を見せず、継続路線を選択しましたが、それによるマンネリ感は否めません。マンネリを解消する決定打も見えないですし、ACLの戦いもあるので、優勝を飾ったシーズンの様に独走することは出来ないでしょう。それでも、戦力の高さから、優勝争いに加わることは間違いないでしょうが。

<ガンバ大阪>
 長年の課題だったセンターバックに今野を迎えたガンバ大阪ですが、そのプラス要素よりも、マイナス要素が大きいと思います。攻撃サッカーを標榜し、掲げていた攻撃サッカーという理想に近いサッカーを実現できていた西野監督を交代しました。西野監督が作った基盤はあるものの、セホーン監督と呂比須コーチにより、新たな組織を構築しなくてはなりません。西野政権は超長期政権でしたから、代わって即優勝というのは簡単でないと思います。鹿島アントラーズに比べて、昨年の戦い方が失敗とは言えないだけに、序盤で結果が出なければ、何で監督を交代したのかという不協和音がうまれる可能性もあります。そして、ガンバ大阪の攻撃に多大な貢献をしていた李 根鎬(イ・グノ)の離脱も大きいでしょう。


 上記の様に、3強はそれぞれ不安要素を抱えております。対抗と見られるFC東京は初のACLを控えておりますし、補強に成功した神戸・浦和がいきなり優勝するとも思えません。鹿島アントラーズの優勝の可能性、十分にありますよ!

 ここ数年はいつもマークされる存在であった我らがアントラーズ。今年はACLの出場がなく、例年よりもシーズンに集中できることは、シーズンを戦う上で大きなプラスでなるでしょう!『常勝軍団鹿島アントラーズ、ここにあり』を他クラブに再び誇示しましょう!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。スカパーの予想では、4~8位に予想されている鹿島アントラーズですが、その予想に参加した福田正博さんは、sportsnaviのコラムで4位に予想した鹿島アントラーズを未知数と評しておりますし、ラモスさんも、ラモスさんのコラムで、ジョルジーニョ監督の手腕を高く評価しております。

 皆さんの予想が正しかったかは、シーズンが始まれば分かります。開幕はすぐそこです!ピッチで躍動する鹿島イレブンの戦いを、大いに期待しましょう!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(4) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/290-4efd8ff4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。