上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■強引さを取り戻し、岩政直伝ヘッドを叩き込む!
 U23日本代表が1点をリードして迎えた前半44分、右サイドで得たFKのチャンス。大迫が扇原のキックに反応して頭を突き出すと、ボールはGKの股の間を抜けてネットを揺らしました。待望の、待望の最終予選初ゴールに両手を突き上げて喜びを爆発させ、扇原をはじめとするチームメートと次々に歓喜の抱擁を交わしました。

 この試合を迎えるにあたり、大迫は強い危機感を抱いていました。ここまでの最終予選全4試合に出場しながら得点をあげることが出来ず。5日のシリア戦で永井のゴールをアシストをしたり、前線で攻撃の基点になるなど、チームに貢献してきましたが「そろそろ得点しないとヤバイ。マレーシア戦は前から積極的にガンガンいきたい」語っていました。

 07年にはU―17W杯メンバーから大会直前で落選。先発を続けながら結果を残せずに、世界大会を目前にエースの座を失った当時の苦い記憶も頭をよぎりましたが、ここ一番で結果を出し、プロ入り後の成長の跡をみせました。

 大迫はもともとヘディングが苦手でした。08年度の全国高校選手権で10得点を挙げて1大会最多得点記録を樹立したように、高校時代は別格の存在で、足元の技術、体の強さで得点を量産できました。後ろ向きのボールをいとも簡単にトラップすることから、滝川第二の選手が『大迫半端ない』と連呼したことは有名な話です。

 しかし、足元の技術、体の強さで得点を量産できたことによる弊害でヘディングについては、ほとんど練習していなかったそうです。高校時代は、それで問題ありませんでしたが、プロとしては通用しません。鹿島アントラーズサポーターの方はご存知だと思いますが、鹿島アントラーズの先輩で、リーグ戦32得点中ほとんどがヘディングのヘディングマスター岩政に弟子入りを請いました。教えられた『最高到達点を知ること。競り負けない気持ち』を胸に鍛錬し、マレーシア戦の完ぺきなヘッドにつなげました。岩政師匠も喜んでいることでしょう!

 また一つ、万能FWへの階段を上がったと思います。


■ボルシアMGの大津裕樹も大迫のゴールを祝福!
 ゴール直後に大津がツイートした内容をご紹介いたします。

 otsutwitter.jpg

 向こうで満足に試合に出ていられていないので、今回のマレーシア戦には、期する思いはあったと思います。そうした状況下で、チームメートが負傷したため、チームに残ることになり、少なからず悔しい思いを抱いていると思います。その中で、大迫のゴールを喜び、U-23代表の勝利を喜んでくれたことに、チームの一体感を感じます。今回のU-23代表の勝利は、大津にも刺激になったとのことですので、香川率いるドルトムントと優勝争いを繰り広げるボルシアMGで活躍の報を届けてください!活躍をお祈りします!


■Jリーグ開幕戦への出場は…
 大一番で大迫が結果を出したことは何よりの好材料でしたが、一方でアクシデントに見舞われました。後半1分に相手との接触プレーでバランスを崩して、着地の際に頭部を強く打ちました。しばらくプレーを続けて、大丈夫かと思いましたが、脳振とうを起こして突然ピッチに座り込み、後半14分に途中交代を余儀なくされました。試合後は大事にとって病院に直行したとのことで、3月10日に迫ったJリーグ開幕戦である、ベガルタ仙台戦に向けて、状態が気になります。どうか何もないことを…

 しかし、脳震盪で苦しんでいる大迫に対してイエローカードを提示するジャッジには納得できません。得点が欲しい日本が遅延行為をするはずも無いです。勘違いで提示したのであれば、取消しして欲しいです。4点目が入ってからは、相手のラフプレーのオンパレードで、いつ他の選手が怪我をするか気が気ではありませんでした。冷静な試合コントロールをお願いしたいです。


■コンディションを上げてきた山村
 キャプテンの山村にとっては、悔しいスタメン落ちとなりましたが、途中出場ながらチームの完封勝利に貢献したと思います。この試合もCBからのビルドアップは良かったとはいえないので、山村が入れば、更にボールをつなげるチームになると思います。

 本人はインタビューに「途中で入ったのに、決定的な場面があんまり作れなかったです。途中から出た分、そういうのにこだわっていかないといけないと思っているんで、残念です。次の試合に向けて、いつどのタイミングで出られるか分からないので、どこで出ても与えられた仕事をしっかりできるようにしていきたいと思います。
 結果的に4-0で勝てたんで、まあ良かったとは思うんですけど、まだバーレーン戦が残っているんで。予選通過は決まってないし、しっかり次のバーレーン戦にコンディションを合わせていけるようにしていかないといけないかなと思います」
と謙虚に答えておりますが、『どこで出ても』と答えているように、鹿島アントラーズで起用されているCBでの出場も視野には入っていると思います。実際にグアム合宿でもセンターバックとして、紅白戦に臨んでおりましたし、どちらのポジションでも高いレベルでプレーすることが出来るので、これからも出番はあるでしょう!アントラーズで経験を積んで、本大会ではレギュラーとして、チームに貢献してくれると思います!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。シリアがバーレーンに1-2で破れ、日本代表は最終戦に勝つか引き分ければ、ロンドン五輪の出場権を手にすることが出来ます。
 3/14(水)に国立競技場で行われるバーレーン戦ですが、最終戦のため、試合開始時刻を調整中です。そのため、まだチケットの発売日については、未定とのことですが、満員の観客で若きイレブンを後押しして、ロンドン出場権を掴みましょう!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/286-f521face
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。