上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■柴崎岳、代表初招集!
 日本協会は17日、キリンチャレンジ杯2012アイスランド戦(24日、長居)の日本代表メンバー25人を発表しました。鹿島アントラーズからは、選手会長の増田、岩政、そして柴崎が選出されております。事前にnikkan sportsで、柴崎の代表招集の可能性は報じられていたものの、本当に招集されるのか、私は懐疑的に見ておりましたが、ザッケローニ監督は若きティーンエージャーの招集を決断しました。

 宮崎合宿最終日の昼食時に吉報が届いたとのことで「驚きですね。いつか行きたい場所と思っていたけど、まさかこのタイミングで呼ばれるとは…」と本人もビックリしていたそうです。キャンプ終了後に報道陣から長いインタビューを受けていましたが、報道陣も代表招集を睨んでのインタビューであったと思われます。ちなみに、増田、小笠原もロングインタビューを受けていました。

 柴崎の才能を持ってすれば、いつかは代表に選ばれることは確実でしたので、それが少し(かなり?)早まっただけだと思います。ザッケローニ監督も、その才能に注目していることは、今回明らかになったので、日本代表においても、練習からその才能をアピールしていきましょう!


■ザッケローニ監督が柴崎に期待することは!?
 長短のパスで攻撃のリズムをつくるガンバ大阪遠藤の代役不在は、日本代表チームの大きな課題の1つです。「遠藤さんに限らずレベルの高い選手全員から得られるものがあると思う」と話す柴崎が、課題解消の鍵になるかもしれません。

 柴崎はまだJリーグ2年目を迎えたばかりの19歳の若者ですが、既にその実力を昨季のリーグ戦やヤマザキナビスコカップで誇示しております。本人は、今回の招集について、「W杯ブラジル大会? 早とちりしすぎですよ。海外組もいない中で選ばれただけですから。その質問に返答するのは早いと思う。」と相変わらずの地に足の付いた回答をしています。確かに、ブラジルW杯の事を初招集の段階で語るのは、柴崎の言うとおり、早とちりしすぎだと思います。しかし、ザッケローニ監督の現在の立場を考えると、自ずと監督が柴崎に期待していることは浮かび上がってきます。

 ザッケローニ監督との契約は、2012年の夏までとなっています。そのため、現時点では、2014年ブラジルW杯まで指揮を取ることになるかは確定しておりません。しかし、2013年か2014年頃に、イタリア代表と親善試合を行う話にも積極的な様子を示しており、日本代表チームを率いて結果を残しているザッケローニ監督が契約延長に応じてくれる可能性は十分に考えられます。一方、基本的には、2年契約を持論とするザッケローニ監督にとって、2014年のブラジルW杯以降、指揮を取る可能性は、『ほぼ0』と言えるでしょう。こうした状況下において、ザッケローニが柴崎や久保ら若い選手に期待する事は、5年度、10年後に日本代表で活躍してくれることではなく、2014年W杯に戦力になっていることであると思います。これが、日本人監督や、ジーコやオシムの様に、日本サッカーに馴染みが深い外国人監督であれば、未来の活躍を期待しての招集であると思いますが、ザッケローニ監督においては、2年後の可能性を追求しているのは間違いないと思います。ザッケローニは今回のアイスランド戦に向けての編成のポイントとして、会見で『若手を呼ぶことで将来にチャンスがあるメッセージの発信』を挙げていますが、上記より”将来”とは比較的”近い将来”を見据えていると思います。

 会見において、ザッケローニ監督は、柴崎について以下のように語っております。

 「いいものを持っている。代表の空気を感じてもらいたい。代表に来ることで更に成長して欲しい。国内組の若い選手を見る絶好の機会だと思ったので、招集することにした。」と語っております。

 レギュラーの遠藤が完成された選手であるのに対して、柴崎は現在、急成長している選手です。順調に成長していけば、2014年ブラジルW杯でレギュラーを掴んでいる可能性も否定できないくらい『器の違い』を感じさせる末恐ろしい選手です。今回の代表招集によって、その加速度が更に上向くことを期待しましょう!


■アイスランド戦、柴崎の出場の可能性は!?
 ポスト遠藤を見定めることが、目標の一つであると思われるアイスランド戦を占います。まず、ザックジャパンの生命線である遠藤のコンディショニングを確認することは、目的の一つであると思いますので、遠藤がスタメンで出ることは間違いないと思います。遠藤の状態確認が終われば、課題の一つである代役のテストに移ると思います。最有力は、本来であれば中村憲剛なのですが、この試合では本田の代役として、トップ下で先発出場するでしょうから、今回は増田、柴崎にチャンスが回ってくるかもしれません。個人的には、前回、代表招集されながら、出番が無かった増田を是非、起用して欲しいと思いますが、前回は本田と中村の怪我による招集でしたので、ザッケローニ監督はより前のポジションでの起用を考えているのかもしれません。

 どちらのポジションにせよ、流石に今回は増田を起用はして欲しいのですが…前回は招集されたものの、試合出場は果たせず、代表から帰ると、アントラーズではレギュラーを奪われてしまいましたので、今回も出場が無い様では、増田が不憫すぎます。。

 柴崎は、増田とポジションが被らなければ、出番が来る可能性はあります!せっかくの機会ですので、代表初キャップを刻んで欲しいと思います。しかし、今回の代表招集で、柴崎の将来の海外移籍はまた一歩近づいてしまった気がします。国内に留まる器ではないので、いつかはその日が来ると覚悟はしています。それでも一日でも長く、柴崎のプレーを鹿島で観ていたいです!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。2/25のPSM水戸ホーリーホック戦では、24日に代表戦を長居で戦う増田、岩政、柴崎の3選手の出場はかなり厳しいと思われ、同様に22日にマレーシアでロンドン五輪アジア最終予選を戦う大迫、山村の出場も、移動の疲れを考えるとかなり厳しいと思われます。代表に選出されるのは栄誉なことですが、数少ない実戦機会に主力メンバーが参加できないのは正直痛いです。代表に選出された選手達には、怪我無く、何かを掴んで帰ってきて欲しいです!本当に怪我にだけは、注意してください!
 しかし、得点が欲しいU-23代表のマレーシア戦こそ、柴崎や久保が必要な気がするのは私だけでしょうか。。

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(2) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/282-b0224c96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。