上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■神戸での決意を語る田代!移籍の真相も…
 本日発売の『週刊サッカーマガジン』に田代選手のインタビューが掲載されております。プロ選手として、切実な思いが伝わってきて、今季の田代選手の活躍を改めてお祈りしたいと思いました。

 週刊サッカーマガジンリンク(⇒http://www.soccer-magazine.jp/clip/1908.html

 田代選手は、去年の12月8日に手術をしてから、思いのほか回復に時間が掛かってしまっていて、少し焦っているようです。ヴィッセル神戸は、今季大久保がFWとして起用されることが濃厚であり、神戸でも激しいポジション争いが待ち受けております。今季に賭ける思いは、インタビュー中に存分に語られておりますので、是非、田代ファンの方には今号をご覧いただきたいです。 

 移籍の理由については、率直に語られておりますので、一部ご紹介致します。予想していたとおり、自身の評価が上がらないことが移籍の主な理由です。去年、自身最高の12得点を挙げたにも関わらず、鹿島の評価はそれまでと代わらなかったことに対して、神戸はその活躍についてしっかりと評価をしていました。

 田代はすごく先発にこだわっていて、先発で出場するために、昨シーズン『後がない』という強い覚悟を持って鹿島に戻ってきました。ある程度の鹿島からの評価は感じながらも、ナビスコカップ決勝で、自身がこだわっていた先発として出場出来なかった事がとても悔しくて、鹿島への思いが吹っ切れたとの事です。ナビスコカップ準々決勝・横浜戦で決勝ゴールを挙げるなど、FW陣の中でも結果は残していただけに『結果を出しても評価は変わらない』という思いを拭う事が出来ず、今回の移籍につながってしまいました。

 プロ生活は、やり直しがほとんど効かなく、寿命も短いですから、田代の決断は已む無いところです。多くのサポーターの方も同じだと思いますが、私自身、どうして田代を先発で起用しないのか、オリベイラ監督に問うてみたいと何度も感じていました。ジョルジーニョ監督なら、田代に対して、また違った起用法を行っていたでしょうから、ジョルジーニョ監督の下でプレーしていたら、田代の決断が変わっていた可能性も十分に考えられます。そこだけが残念で、私は大好きな田代への未練を捨てきる事がまだ出来ておりませんが、神戸で全身全霊を捧げることを誓っている田代の活躍をこれからも応援したいと思います。

 田代のYuzoチャント、もう一度、歌いたかったな。。。


■J1復帰が最終目標ではない!J1復帰後まで見据える奥野僚右新監督
 奥野監督は、モンテディオ山形のチームビジョンである、『全員攻撃、全員守備でひたむきなプレー』というスタイルを目指す中で、チームのベースを整えながら、より攻撃的なサッカースタイルを確立させたい、というクラブのビジョンに共感を覚えて、監督になることを決意したそうです。山形の皆さんが、すごく優しく接してくれたことにも感激し、サポーターや街の皆さんが喜んでくれるようなクラブを作りたいと決意を語っております。

 また、『鹿島で培った、チームだけではなく、現場スタッフやフロントも含めた、クラブ全体の一体感』を山形に持ち込みたいと語っております。鹿島の良いところは、どんどんと持ち込んで、鹿島と縁が深い、山形をJ1復帰に導いてください!既にJ1復帰以降も見据えている奥野監督が率いるチームであれば、決して1年での復帰は不可能な事では無いと思います。2013シーズンにまた、山形と対戦出来る事を楽しみにしております。

 奥野監督、川島大地を一年間、よろしくお願い致します。眠れる才能を、奥野さんの手腕で引き出してあげてください!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。鹿島を出ていった選手・指導者が活躍していくのを見ることも、鹿島アントラーズサポーターとしては、とても嬉しいことですね!二人の挑戦が上手くいくことを、心よりお祈り申し上げます!
 月刊マヤニスタによると、吉田麻也の好きなサッカー選手は『秋田豊』だそうです!私は知りませんでしたので、一気に親近感が沸きました。笑 守備が崩壊しているチームで苦しい一年を過ごしていると思いますが、頑張って欲しいです!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(2) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/276-2f2ebe1d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。