上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■優勝!優勝!優勝!皆が共通の目標を語る!
 本日、二回目の記事更新になります。第一弾として、昨日の空港でのジョルジーニョ監督の優勝宣言(⇒【サポーターを再び虜に】ジョルジーニョ監督、力強く優勝宣言!)を記事に致しましたが、第二段として、今日の就任記者会見の様子を記事に致します。

<満員のスタジアムを夢見るジョルジーニョ!>
 鹿島アントラーズのジョルジーニョ新監督が、本日、腹心のアイルトン・コーチ、ジョエルトン・フィジカルコーチに加え、OBの古川昌明GKコーチを伴い茨城県鹿嶋市のカシマスタジアムで記者会見し「優勝しなくてはいけないという使命を感じている」と、3季ぶりのリーグ制覇を目標に掲げました。「鹿島は日本サッカー界で一番タイトルを獲得しているクラブ。常に優勝を意識しないといけない。常にリーグの主役でいたい。あとサポーターが望んでいるのはACLのタイトル。優勝するという使命を感じる」と、クラブOBのジョルジーニョ監督は、鹿島アントラーズのJリーグにおける立ち位置と、ACLというクラブ悲願のタイトル獲得の重みを良く理解してくれています。今季は出場出来ないACLの制覇を掲げてくれるなんて、長期でチームを率いてくれる意欲の表れと考えて良いですよね!

 元ブラジル代表DFとして1994年のアメリカワールドカップ制覇に大きく貢献し、クラブOBでもあるジョルジーニョ監督は、現役時代の1995~98年に鹿島で活躍し、MVPに輝くなどの華々しい活躍で、2度のJリーグ年間優勝を含む、4度のタイトル獲得に大きく貢献しました。会見では、当時を振り返り「スタジアムが満員になることもあった。再びあの光景を見ることができればうれしい」と話しております。

 ジョルジーニョ監督が退団してから、現在に至るまで、鹿島スタジアムは改修し、今では39,000人の収容人数を誇ります。茨城県外のサポーターも非常に多く、また、首都圏からは遠く離れたスタジアムであるため、スタジアムを満員にすることは、かなり難しいかもしれません。しかし、ブラジル国内の高額オファーを蹴って、愛する鹿島アントラーズに戻ってきてくれたジョルジーニョ監督に、サポーターが周りの方を誘ってスタジアムに行くなど、少しずつでも協力して、叶うならば満員のスタジアムで、ジョルジーニョ監督率いるチームを鼓舞したいです!本日の会見で、そう思いを新たにしたサポーターも少なくないと思います。

 カシマスタジアムはサッカー専用スタジアムで、プレーの見易さは国内屈指のレベルを誇りますし、様々なお店が立ち並ぶスタジアムグルメは国内No.1のクオリティを誇ります。そして、首都圏から距離は遠いものの、東京や新宿から、スタジアムに直行する高速バスやサポーターバスが出ており、快適にスタジアムまで行くことが出来ます。
 当ブログでは、今までは距離の遠さから、スタジアムへ行くことに二の足を踏んでいたサポーターの皆様のために、カシマスタジアムの魅力や、カシマスタジアムへのアクセス方法などを、オフシーズンの期間中、出来る限り配信していこうと思います。カシマスタジアムで力の限りチームを応援して、チームが勝利をおさめたときは格別の気分を味わえますよ♪もちろん、例え試合に負けたとしても、勝利を目指して戦う選手達の熱いプレーを間近で見ると胸躍ること間違いなしです!
 皆で一丸となって、ジョルジーニョ監督率いる、鹿島アントラーズを応援しましょう!


<J1での優勝を夢見るジュニーニョと岡本のFW陣>
 同じ会見において、川崎F時代にJ1・207試合110得点のジュニーニョは「僕は全大会で優勝したい。自分は日本で優勝を味わったことがないので何が何でも優勝したい」と宣言!得点に加えて、他のFW陣のマークを引き付ける役割も期待されるジュニーニョに掛かる負担は大きいですが、期待通りの働きをしてくれれば、優勝に近づくでしょう!
 降格した福岡で昨季8得点をあげた岡本も「優勝のことしか頭にない。優勝にどれだけ絡んでいけるか楽しみにしている」と意欲を表しております。優勝争いの渦中にいると、選手は計り知れないプレッシャーを感じることになりますが、その経験は選手としての能力を一段階も二段階も引き出してくれます。岡本もFWとして点を取るだけではなく、二列目での働きも期待されます。選手層に不安を残す二列目を助けてくれる獅子奮迅の働きを期待したいです!

jzo.jpg
左からジュニーニョ、ジョルジーニョ監督、岡本


■小笠原と本山は残留を決意!!
 鹿島アントラーズは本日、鹿嶋市内のクラブハウスで始動し、選手の体力測定などが行われました。27日までアメリカMLS(メジャーリーグサッカー)のサンノゼ・アースクエークスで入団テストを兼ねた練習に参加していた小笠原と本山も、本日からチームに合流しております!

 小笠原はスポーツ紙の取材に対し、「有意義な時間だった。もうここ(鹿島)でやると決めたので、いいシーズンにしたい」と意気込みを語っております。この短い発言にどういう意味が込められているか、その全てを理解するのは難しいですが、素直に発言そのものを分析すると、移籍の可能性があったことが感じられます。サンノゼのコーチから高評価をもらい、少し心が揺らいだ面もあったのでしょうか。とはいえ、例え移籍に気持ちが揺らいでいたとしても、残ると決めたからには、手を抜く選手達ではありませんし、有意義な時間という表現には、実戦的な練習に参加して、実戦勘を養えたことも含まれていると思います。契約更新土壇場の渡米で、少しの間不安を感じましたが、今季も二人が鹿島アントラーズを引っ張ってくれることは間違いないでしょう!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。満員のスタジアムでジョルジーニョ監督が胴上げされる、そんな日が本当に待ち遠しいですね!遅くなりましたが、、、
 岩政 大ちゃん、30歳の誕生日、おめでとう!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/261-1af1801c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。