上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■ハイデュク・スプリトにマジョルカ家長が加入か!?
 日本代表DF伊野波雅彦が所属するクロアチアリーグのハイデュク・スプリトが、スペインリーグ・マジョルカのMF家長昭博の獲得に動いていることが判明しました。クロアチア紙『スポルツケ・ノボスティ』によると、今夏まで半年間のレンタルでほぼ合意しているとのことです。マジョルカはレンタル料は0円の条件を承諾しており、プレーの場を求めている家長本人もハイデュク・スプリトへの移籍には前向きとの事です。しかし、正式合意に至るためには、唯一にして、とても大きな障害があります。給与面です。家長サイドは給料を前払いも含めてきちんと保証してもらわなくては契約出来ないと要求しているそうです。
 この要求の背景には、ハイデュク・スプリトの所属選手への給料の遅配があります。鹿島OBの伊野波も3ヶ月分の給料が支払われていないとのことです。一説には、給与が遅れていることに限界を感じて、間もなく代理人がクロアチアに来て交渉に訪れ、もし1月24日までに給与が支払われないようならば、クラブの合宿参加を拒否すると報じられています。こうした状況下で家長を獲得出来るのか、やや疑問が残るものの、もし獲得出来れば、家長のドリブル突破はチームに新たなリズムを生み、首位と勝ち点6差で2位につけるハイデュク・スプリトにとって、大きな力となると思います!

■放出が続くチームにおいて、伊野波はベテラン選手として支える立場に
 ハイデュク・スプリトは緊縮財政のため、所属選手を多数放出しました。そのため、トップチームにはユースから昇格した10代の選手がたくさんいます。チームの平均年齢は20歳を少し越えた程度で、伊野波は26歳ながらにして、ベテランとしてチームを支える立場となりました。鹿島アントラーズ時代は考えられなかった状況ですが、せっかくの海外挑戦なので、この状況をプラスに変えて欲しいです。日本代表のキャプテンに任命され、大きく成長した長谷部のように、責任感を持って自分の役割を全うすれば、必ずや自己の成長につながると思います!言葉の壁もあり、困難は多いと思いますが、頑張って下さい!!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。伊野波には、柏のパク・ドンヒョクも今オフに移籍した中国の大連実徳からオファーがあったようです。クロアチアリーグに比べると、中国サッカー・スーパーリーグのランクが落ちてしまうのは否めませんので、移籍はしないと思われますが、次回はプレミアやリーガ、ブンデスリーガからオファーがあるように、チームでの活躍を続けましょう!幸いにして、補強選手の中では、「当たり」という評価をもらえているようなので、あまり目立たないクロアチアリーグではありますが、確実な成長を続ければ、その先に明るい未来は待っていると信じています。

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村 
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/241-0aaf5d69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。