上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2月19日(土) いばらきサッカーフェスティバル2011
鹿島3-0水戸(14:00/カシマ/7,189人)
【得点←アシスト】
23分 カルロン  ←野沢拓也
49分 興梠 慎三  ←新井場徹
63分 増田 誓志


 近年恒例の水戸とのプレシーズンマッチ。宮崎キャンプ直後ということもあり、苦戦も予想されたが、3-0と快勝!レベル差のある相手とはいえ、期待のカルロンもゴールを決めて、XEROXに向けて、調整は順調にいっている、大迫、田代、西が怪我のため、出場しないのを除いては。特に大迫はキャンプでの好調が報道されていただけに大変残念だが、開幕に調子をあわせて欲しい。

◆前半◆ 
 前半は4-2-2-2、後半は本山システムの4-2-3-1で臨んだこの試合、前半は昨年度と同様のシステムを踏襲したため、新加入選手のフィット感を図りたかったが、まず目についたのが、フェリペの好調さ。当ブログでは、野沢とフェリペは同タイプのため、遠藤の起用を提言していたが、この試合はフェリペが中盤でタメて、野沢がエリア内に攻め込むという流れが多かった。水戸相手という事もあるが、この試合の様な二人の関係性が保てれば、今年はより流動性のある攻撃を仕掛けられるのではないか。
 そして、カルロン。ポジショニングの巧さが光る。動き出しが早いので、スペースにどんどんと動いていくので、囮となって、興梠や野沢のシュートにつながるシーンもあり、得点のシーンでは冷静にシュートを決めた。これは相当活躍が期待できるのではないか。ポストプレイも普通に上手なので、周囲も頭を狙ったボールばかりではなく、足元へのパスを増やせば、攻撃の選択肢も広がると思う。


◆後半◆
 新井場のクロスから興梠が頭で決める。DFの間に割り込んだ巧みなポジショニング。今季にかける意気込みが伝わってくるゴールだった。61分に遠藤が投入されるがキレの良い動きを披露。素晴らしいミドルシュートを放ち、存在感をアピール。今年は飛躍の年にして、代表に選出されるくらいの活躍を個人的に期待している。
 増田もゴールキーパーがはじいたボールにきっちり詰めてゴール。強い決意で鹿島に戻ってきた増田だが、地震になるゴールとなったのではないか。
 興梠交代後は0トップに。シーズンではこの布陣で臨むことはないと思うので、詳しいところは割愛するが、目を引いたのは小谷野。ドリブルのキレが素晴らしいので、この試合のようにJ1相手でも積極的に仕掛けられれば、スーパーサブとして、活躍できると思う。得意技に一層磨きをかけて欲しい。


 一部の怪我・体調不良の選手を除けば、調整は順調にいっていることがうかがえた。「5冠」のためには負けられないXEROXの戦い。進化した鹿島の戦いに期待したい。


 最後まで読んで下さってありがとうございます。更新の励みになりますので、「拍手ボタン」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。
関連記事




コメント(4) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/24-da15e9e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。