上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 鹿島アントラーズの2012シーズンの陣容も大分固まって参りましたので、来シーズンの展望を行いたいと思います。今回は第二弾として、FW陣の戦力評価を、(私の独断と偏見で)行いたいと思います。

・第一弾のDF編はこちら⇒【2012シーズン展望】DF編

 鹿島アントラーズFW陣に対して、2012シーズン開幕時の個人の戦力予想値と、シーズン中に期待される成長期待度をS・A・B・C・Dの5段階で表したいと思います。

 成長期待度については、数値の基準を以下に示します。

<戦力予想値の基準:5段階>
 S:各ポジションにおいて、JリーグTOP5に入れるレベル
 A:J1上位チームのレギュラーレベル
 B:J1中位チームのレギュラーレベル
 C:J1下位チームのレギュラーレベル
 D:Cランク以下のレベル

■FW陣
 鹿島アントラーズの伝統的なフォーメーションである4-4-2を想定して、2TOPで開幕に臨むと予想します。

<2012シーズンFW予想スタメン>

 スクリーンショット 2012-01-12 22.27.00


FW
 ・ジュニーニョ 【戦 成C】
 ・大迫 勇也  【戦A-
 ・興梠 慎三  【戦B 成B】
 ・岡本 英也  【戦B- 成B+】
 ・佐々木 竜太 【戦C 成A-
 ・イゴール    【戦C- 成B+】
 ・中川 義貴  【戦D+ 成B+】

 イゴールと中川君はまだ成長途中の選手ですが、その他の4人のFWは、皆Jでの実績を残している選手達です。
 佐々木が復帰したため、追記しております。現状では、佐々木は5番手だと思います。
 オリベイラ監督に前線からのプレスと、サイドで起点となれるようなプレーを求められていた大迫と興梠は、昨季、そのタスクを忠実にこなしていました。数字に表れない貢献度は二人とも高かったと思います。しかし、岩政より少ないリーグ戦の得点数では、点取り屋としては十分な評価を与えることが出来ません。ジョルジーニョ監督が目指すサッカーが分からない現状では確かな事は言えませんが、オリベイラ監督が就任後、鹿島のFWの基準は三連覇に絶大な貢献をしたマルキーニョスが基準となっていたのは明らかです。FWで得点以外の様々な部分でも貢献出来ることは理想ではありますが、FWは得点という結果を残す事も非常に重要だと思います。今シーズンは昨年までの殻を破って、大迫と興梠の二人には「ゴール」を追求して欲しいと思います。
 大迫と興梠の良いお手本となると思われるのが、Jリーグでの実績が抜群であるジュニーニョと、昨季下位に沈んだ福岡で、8得点と結果を残した岡本です。二人とも「シュート」にこだわるFWらしい選手なので、ここ数年の鹿島FW陣にはいなかったタイプの選手です。ジュニーニョ、岡本の新加入組と大迫、興梠の既存メンバーが良い化学反応を起こして、スカッドとしてのレベルが上がるのが理想です!

 開幕のスタメン予想はにジュニーニョと大迫をあげさせていただきました。
 ジュニーニョはコンディションを一年間保つ事が出来れば、まだまだ活躍出来ると思います。得点王争いに絡むような嬉しい誤算が起こる事を期待しています。今年はキャンプ初日から、みっちりと練習してもらいましょう!
 大迫はオリベイラ監督の下で、様々な役割で貢献が出来る好プレーヤーになってきました。興梠よりもシュートスキルが上だと思うので、来季スタメンと予想しました。しかし、大迫は鳴り物入りでプロに入ってきた逸材ですので、まだまだ満足してもらっては困ります。来季は得点という数字にこだわって、最低でも2桁得点を期待したいです。鹿島が優勝するためには、大迫の飛躍が必要です。
 昨季はシュートを幾度となく外し、期待を大きく裏切った興梠ですが、チャンスメイクの点ではチームに貢献しておりました。オリベイラ監督の下、三連覇には大きく貢献しましたが、オリベイラ監督が去った今、今一度自信の実力を証明しないことにはスタメン出場は叶いません。昨年の終盤戦では自信を無くしてしまったのか、シュートを打てる場面でパスを選択する場面が幾度も見受けられました。興梠の武器である、圧倒的な一歩目の早さを活かして、一瞬で相手DFを振り切り、ワンタッチでシュートを流し込むような場面が増えれば、結果は付いてくると思います。選手としてのピークは、年齢的にもこれからだと思いますので、失ってしまった信頼を回復する一年になることを期待します!
 岡本はJリーグでの実績が昨年一年間の実績しかないので、まずは昨年の実績がフロックでは無いことを証明して、出番を掴まなくてはなりません。ジュニーニョが衰えを隠せなかったり、他の日本人FWが不調に陥ったり、怪我で離脱した場合に巡ってきた出場機会で結果を残して行けば、自ずと出場時間は増えて行くでしょう。伸び盛りの選手ですので、鹿島というビッグクラブの水に慣れたら、大きく化ける可能性はあります!
 佐々木は昨年、湘南でレギュラーの座を掴みきれず、鹿島でも実績のある4人のFWを相手にポジションを掴むのは、かなり高いハードルが待ち構えております。しかし、本人が公式サイトにて語った「全力で頑張る」という言葉を私は信じたいです!佐々木が成長すれば、ジョルジーニョ監督も起用の選択肢が増えて、嬉しい悩みを抱えることになります。レギュラー奪取目指して、頑張って欲しいです!
 イゴールと中川君は今年は出場機会は限られてしまいそうですが、まだとても若いので、じっくりとトレーニングや戦術理解に励んで欲しいです。


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。昨年、一昨年と決定力不足に悩まされた鹿島アントラーズにとって、チーム浮沈の鍵を握るポジションは、FW陣になると思います。攻め込んでいる時間帯にきっちりとゴールを挙げることが出来れば、昨年まで引き分けていた試合に勝てるようになり、勝ち点を上積みすることが出来ます。苦しい戦いが予想される今季の鹿島アントラーズですが、チームの鍵を握るFW陣の活躍に期待です!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村 
関連記事




コメント(2) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/232-a4727c29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。