上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 サントスが48年ぶりの南米王者に輝き、クラブワールド杯の出場権を手にしました。ネイマールというスーパースターを有し、日本のメディアの注目度もかなり高いので、スポーツ雑誌「Number」が『誰も知らないキング・カズ』というカズのブラジルでのルーツについての特集をしております。

 雑誌を読みましたが、この号はカズを好きな方には間違いなく「買い」だと思います。44歳を迎えて、今もなお、現役を続けるキングのブラジルでの功績と、大成功を収めながら日本サッカー界に復帰を決意した経緯が、詳細に描かれております。私もカズの事は大変尊敬しておりますので、今までに様々な書籍を読んで参りましたが、ブラジル時代での活躍について、ここまで詳細を知りませんでした。以下に簡単にブラジル時代の活躍を紹介致します。
 88年には、左ウイングの年間平均採点で堂々の三位に!(※1位は後に横浜フリューゲルスにきたブラジル代表ジーニョ)
 90年には、サントスに所属していたカズはパルメイラスとのクラシコで1得点1アシストの大活躍!現在も発行中で今年11月に通算1360号を迎える雑誌「プラカー」にあって、唯一日本人が表紙を飾ったのが、この試合のカズを報じた1037号との事です。
 当時、ブラジルサッカー界では「ジャポネス」という単語は「下手な選手」を表しておりましたが、母国日本でキングの称号を手にしたカズの活躍により、「ジャポネス」という単語は死語になりました。

 この他、カズのブラジルでの奮闘ぶりや日本への帰還を決意した経緯、ペレとのインタビューが記載されておりますので、興味のある方は是非、ご覧ください!


 ■鹿島のレジェンド達からのカズへのメッセージ
<ジーコ>
 ジーコとカズの最初の出会いは、ジーコの兄エドゥーが監督をしていたチームにカズが所属していた事から始まるとの事です。ジーコが日本代表監督を務めていた頃、既にW杯1次予選突破を既に決めていたホームの埼玉スタジアムでの最終戦に、ジーコがカズ・ゴンのベテラン2TOPを試合に招集しようとした事がありました。他の選手達に失礼だ等と批判が相次ぎ、結局実現しませんでしたが、代表としてプレーする彼らの、『大きな誇りと、国への愛情を感じさせる代表のスピリット』を若い選手達に現役のうちに伝えて欲しいと、ジーコは思っておりました。そして、その当時の彼らを起用しても、彼ら二人は良いプレーをするという確信もありました。カズとゴンは招集されたら、大変光栄と語っておりましたが、きっとそのジーコの想いが届いていたんだと思います!

<ジョルジーニョ>
 ジョルジーニョは、44歳になりながら、未だに現役を続けるカズに対して、「フェノーメノ(怪物)」と称しております。フェノーメノとは、ブラジルではロナウドの事を指しており、最大限の賞賛にあたります。ジョルジーニョはJリーグ時代、ビスマルクを通じてカズと知り合い、個人的にも話をしていたそうです。監督として、第二のサッカー人生を先に歩みだしているジョルジーニョですが、カズの力は引退してからも、日本サッカーに必要とされることを確信しているそうです!来年、二人が日本で再会することを楽しみにしております!

<アルシンド>
 鹿島アントラーズで所属していた際はカズをライバルと称し、ヴェルディで共にプレーした際は特別な思い出と語るアルシンド。ブラジルで農場をやって、その経営はとても順調であるというのは有名な話ですが、プロサッカーの世界に戻る準備は出来ているようで、いつか日本に監督として戻りたいと語っています。カズが指導者として戻るのなら、パートナーに選んでほしいと一言添える辺りはアルシンドらしいですね。笑



 最後まで読んでいただいてありがとうございます。日本サッカー界に、キング・カズが残した功績は非常に大きいです!これだけの選手達に今もなお、慕われているKINGのサッカー人生はまだまだ途中です。サッカーに取り組むカズの真摯な姿勢を、若手選手達が学んで、その想いを引き継いだ選手達により、日本サッカーが更に発展して行く事を祈っております!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/201-82b9bc69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。