上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 鹿島MF柴崎岳(19)が来季から鹿島選手会の副会長に就任することが10日までに決まった。プロ2年目での着任は異例中の異例。4~5日の選手会納会で前選手会長のDF岩政が「環境を与えることによって、引っ張っていくという自覚が生まれる場合もある。そういう目的で自分から動いた」とまずは新会長にMF増田を指名。前会長の意向をふまえて、増田が副会長に24歳DF西、柴崎を選んだ。柴崎はプロ1年目の今季リーグ戦で13試合に出場。2年目を迎える来季は主力のほか、副会長の立場でもチームを引っ張っていく。
(スポーツ報知より)



 来期より、選手会長が岩政から増田に引き継がれることになりました。岩政選手、3年間重要な役割をお疲れさまでした。

 ■選手会長とキャプテンの違いについて
 選手会長とはキャプテンと同義で捉えられることが多いですが、違う役割を担っております。キャプテンとは別に選手会長を任命しているチームは数多くあります。鹿島アントラーズも昨季は小笠原がキャプテン、岩政が選手会長となっていました。

 選手会長/副会長には様々な役割が与えられます。事務的な役割としては、Jリーグ選手協会の会議に出席をしたり、この会議での議題をチームでまとめる役割などを担います。
 またファンサービスの企画や運営に選手を代表して関わっていく必要があるので、他の選手がサッカーに集中できるように、選手間の意見を集約して、代表して監督やフロントと交渉する役割を担います。更にセレモニー時に挨拶をしたり、スポンサーへの挨拶周りをしたり等、幅広い役割をこなさなくてはなりません。

 増田が現時点でその役割を完璧にこなせるかというと厳しいでしょうし、西と柴崎にその補佐が十分に出来るかと問われると今の時点では厳しいかと思います。しかし、岩政のコメントにあるように、環境を与える事で責任感が生まれて、その役割をこなすことが出来るようになるということは往々にあります。
 分野は違いますが、日本野球界の名将、野村克也は「地位が人をつくり、環境が人を育てる」との名言を残しております。心配されているサポーターの方も多いと思いますが、今シーズン大きく飛躍を遂げた増田なら、一生懸命頑張って立派な選手会長になれると思います。西と増田はとても仲が良いですし、柴崎は若手の意見を吸い上げる役割を期待されていると思います。若い世代でクラブを盛り上げて行き、プレー面以外の所も少しずつ世代交代を進めて行きましょう!

 ここ数年の鹿島の選手会長は、小笠原→鈴木隆行→曽ヶ端→本山→岩政と変遷しております。歴代の選手会長をみても、皆チームの顔と呼べる存在なので、増田もその輝かしい歴史の1ページに名前を刻めるように頑張って下さい!!



 最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。来シーズンは新監督の下、世代交代を押し進めることになると思いますが、その一環として環境から変えて行くという今回の決定はとても素晴らしいと思います。若い選手達の更なる飛躍が楽しみです♪

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/192-d58e09c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。