上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 鹿島がU―22日本代表FW大迫 勇也に、3年契約を提示したことが9日、分かりました。プロ1年目の09年に、年俸上限のないA契約移行時に、現シャルケ内田を越える2014年1月末日までのクラブ史上最長の4年9か月の契約を締結しました。まだ契約を残しているものの、「若手でこれから中心になっていくような選手」という期待から新たに15年1月までの契約を提示したようです。

 大迫は今季リーグ戦で25試合に出場し、5得点に終わりました。「もっとゴールを決めなければいけなかった」と反省しておりますが、ゴールへ向かう姿勢や、巧みなポストプレー、ドリブル突破からの強烈なシュートを見せるなど、着実に成長しております。

 優勝したナビスコ杯では3試合連続ゴールを挙げ、MVPを獲得するなど、スター性も抜群です!クラブは今後のチームを担っていくシンボルとなりうる存在と判断し、今回の長期契約の提示に至りました。

 今回の長期契約が締結されれば、契約期間が長くなりますので、違約金の額もまた上がります。来シーズン中に行われるロンドンオリンピックで大迫が大ブレイクしても、かなりの違約金を積まない限り、他クラブは獲得できないことになります。私は大迫にJ1で得点王になって欲しいですし、日本代表のエースになってW杯で活躍して欲しいです。しかし、仮に大迫がそれだけの活躍をしたら、海外のクラブに移籍するのは必然の流れです。私としては、このまま鹿島アントラーズで大迫を応援して欲しいですが、それと同時に大迫が望むのであれば、海外に挑戦する大迫を応援したい気持ちもあります。ただ、大迫という素晴らしい選手が抜けたダメージは計り知れません。快く送り出せるようにするためには、その穴を埋めるだけのお金が必要になるので、今回の契約見直しは素晴らしいと思います。無事に締結されるか成り行きを見守りたいです。

 昨年の清水エスパルスからシュツットガルトに移籍した岡崎や今年ヴァンフォーレ甲府から海外クラブに移籍が濃厚なハーフナー・マイク等、若くて才能のある選手達が0円で海外に移籍してしまっているのは、日本サッカー界にとっては大きな損失です。鹿島アントラーズも過去には失敗を冒した事もありますが、近年はしっかりと所属選手の海外移籍の際に違約金を得ております。常に強豪であり続けるためには、選手の価値をしっかりと見定めて、価値のある選手には長期で契約を結ぶことが大事になります。有望な選手が抜けてしまっても、その違約金でまた新たな有望な選手を獲得する、常に強豪クラブであるためには、このサイクルを守ることが大事だと思いますので、今後も堅実なクラブ経営が行われることを祈っております!

 大迫はJ1リーグ戦では思うような結果を残せませんでしたが、カップ戦では結果を残しておりますし、ゴールへ向かう姿勢がこの一年で格段に向上しているので、確実に進歩しています。今回の契約延長の提示にも浮かれることは無いと思うので、天皇杯でも結果を残して、来シーズンの大ブレイクを期待します。


 
 最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。鹿島アントラーズへの未来への準備は着々と始まっておりますが、やはりまずは監督が決まって欲しいですね。オリベイラ監督が就任した時も、獲得まで時間が掛かりましたが、今回はどうなるのでしょうか。新監督が発表されるのが待ち遠しいです!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/190-fd4e53ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。