上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■2011 Jユースカップ 決勝トーナメント 準々決勝 11月27日(日)
鹿島 2-6 C大阪/金鳥スタ
得点者:15'風間健治(C大阪)、19'宮内龍汰(鹿島)、34'斉藤駿介(鹿島)、38'南野拓実(C大阪)、45'+3南野拓実(C大阪)、53'風間健治(C大阪)、65'南野拓実(C大阪)、78'丸岡満(C大阪)


●キッカ監督(鹿島)
「全体として悪いゲームになったと思います。言い訳になりますが、今日はベストメンバーが組めませんでした。DFの中心となる選手が受験のため帯同できませんでした。できる限りの努力はしましたが、流れを作ることができませんでしたし、交代メンバーで流れを変えることはできませんでした」

●宮内龍汰選手(鹿島)
「やっぱり相手は決めるところで決めてきました。そしてこのスタジアムの雰囲気にのまれてしまったような気がします。相手のひとつひとつのプレーの予測とかができなかったのと、相手のFWはこうくると判っていたのに対策ができなかったのが悔しいです」

●鈴木隆雅選手(鹿島)
「自分たちが2-1で勝っている状況で、後ろが0で抑えられず、がんばれなかったのが悔しいです。今日遠征に来ていない選手たちの分を埋めきれなかった。このメンバーでもっと試合をしたいと思っていたので、この大会を終えることは本当につらいです。でも自分たちの得意とするセットプレーから得点することができました。しかしセットプレーから1点しか取れなかったのは残念です」

●鳥波将斗選手(鹿島)
「前半立ち上がりから相手のサッカーを受けに回ってしまいました。それで同点や勝ち越しになったあとに、前半を2-1のまま終えていれば展開は変わっていたと思います。前半に同点にされもう一点入れられたのは残念でした。攻撃については、ボールを奪う位置が低すぎて運べなかったのと、セカンドボールが拾えなかったのが、攻撃に厚みを加えられなっかった要因だと思います」

以上

(J's GOALより)



 キッカ監督の下、快進撃を続けている鹿島アントラーズユースですが、Jユースカップ準々決勝で、C大阪に2-6の大敗を喫し、この大会から去ることになりました。アウェーでの試合となり、DFの中心選手が受験で帯同出来ない中、一時はリードを奪うなど、懸命に勝利を目指して戦いました。
 この世代の選手達は、結果も勿論大事ですが、何よりトップチームで将来活躍出来る様に成長することが重要です。J's GOALのインタビューでは各選手が反省の言葉を口にしておりますが、この悔しい敗戦から何かを掴んで、更に大きな選手となって、鹿島アントラーズのトップチームを勝利に導くプレーヤーが輩出されることを切に願います。

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プリンスリーグ関東がまだ残っております。残り2試合となっておりますが、何とか首位を守りきって、若い選手達に更なる経験を積んでもらいたいです!頑張れ、鹿島ユース!



 最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。ユースチームにとっては悔しい敗戦となってしまいましたが、インタビューからも分かる通り、各人が敗因をしっかりと分析しているところが、きっと次につながると思います!キッカ監督に率いられるユースチームはこれからもどんどんと力を付けていくと思います。彼らの将来に期待しましょう!


 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/176-850af0ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。