上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 キッカ監督の下、快進撃を続ける鹿島アントラーズユースチームが、高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プリンスリーグの快進撃に続き、2011Jユースカップ 第19回Jリーグユース選手権大会でもやってくれました!2勝1分の成績で見事1位で決勝トーナメントに進出しました。

 
 ■Jリーグユース選手権大会概要
 J1、J2の36クラブ(カターレ富山、ファジアーノ岡山は不参加)9グループによる1回戦総当たりのリーグ戦を行います。各9グループの1位と各グループ2位の上位7チームに加えて、日本クラブユース連盟代表4チームを加えた20チームで決勝トーナメントを開催します。
 グループリーグで1位になると1回戦をシードされることが確定し、2回戦をほぼそのクラブのホームスタジアムで開催できるという利点があります。


 ■鹿島アントラーズユース最終戦
 鹿島アントラーズユースは最終戦を迎えるにあたり、勝つか引き分けであれば、文句なしに1位で決勝トーナメント進出を決定する立場にありましたが、この試合に負けると2位以下が確定。得失点差以外では3位に転落も有り得るところです。
 対戦相手は、強豪のFC東京。ミスから失点を喫し、2点ビハインドで前半を折り返します。もう一方の試合は決勝トーナメント進出を争うジェフユナイテッドユースが大量リードをしているニュースが流れ、予選リーグの突破に暗雲が立ち込めます。
※この試合に敗れるとジェフユナイテッドユースに勝ち点で並ばれるため。ジェフユナイテッドユースが鹿島アントラーズを上回るには8点差以上の勝利が必要。

 しかし、ここからキッカ監督率いる若きイレブンが、まるで鹿島アントラーズのトップチームであるかの様な勝負強さをみせます。FKくずれのゴール前のこぼれ球から、来年トップチーム昇格を決めている宮内君の得点で1点を返し1点差に詰めると、ゴール前の混戦からPKを得て同点に追いつくことに成功します!その後はきっちりと守り抜き、結局2対2のドローで試合は終了!見事、1位での決勝トーナメント進出を決めました。

 最終的にもう一方の試合ではジェフユナイテッドユースが水戸ホーリーホックユースを9-0で下しており、仮に0-2あるいは1-2のまま敗れていれば、予選リーグ降格の憂き目にあっているところでした。

 このタフな試合を追いついたことは、若い世代の選手達にとっては貴重な経験になることは間違いありませんし、クラブの真骨頂である勝負強さと最後まで諦めない気持ちが、若い世代にも引き継がれているのが嬉しい限りです。来年トップチームに昇格する中川君が、「僕たちがアントラーズの歴史を変えたいと思います。そして最後に優勝して嬉し涙で終わりたいと思います」と語っていますが、それを成し遂げるためには、まだまだ高い壁があります。これからは厳しい試合の連続になると思いますが、4試合勝ち抜いてチャンピオンを目指して欲しいと思います!



 最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プリンスリーグでもユースチームは快進撃を続けております。そちらの記事のリンクを貼るので、良かったらご覧ください。

プレミアリーグ参入戦の権利獲得が目前に!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村  
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/166-e37be9c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。