上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 【フジテレビ すぽると!】において、ヤマザキナビスコカップ決勝として、鹿島アントラーズサイドに立っている清水秀彦さんと、浦和レッズサイドに立っている風間八宏さんが両チームのカードを切って両チームの戦い方を議論していくシリーズの最終章が行なわれました。

 昨日までの記事はこちら

 ・小笠原×柏木の司令塔対決

 
 ・ベテラン守備リーダー中田対躍動感溢れる原口
 
 ・爆発の予感漂う男×ピッチ上で地獄を味わう男


 ■歴戦の名将 対 新米監督
 「勝敗は既に喫している」という語りから二人の比較は始まりました。確かにブラジルでも日本でも素晴らしい実績を築き上げ、名将中の名将と謳われるオリベイラ監督と、ナビスコカップ決勝が率いて二試合目である堀監督の実績は比較になりません。監督力という観点からいうと鹿島が有利であることは間違いありません。試合がもつれて、難しい判断を下さなくないといけない場合、百戦錬磨のオリベイラ監督がいることは鹿島アントラーズにとって、間違いなくプラスです。

 しかし、堀監督の侮れない所はユース時代から、原口や山田直ら主力選手を指導していて、監督としての時間は短いですが、彼らを知り尽くしている事が一つあります。原口や山田直はユース時代と同じような戦術だったからやりやすいと横浜FM戦後に語っておりますので、その点は新米監督ながらも侮れません。また、監督交代直後というのは、時にすごい一体感を生む事があり、チーム力が一気にあがることがあります。浦和レッズは監督交代初戦の横浜FM戦に勝利したことにより、「堀監督を信じようという」一体感が生まれ、ナビスコ優勝とJリーグ残留に向けて、チームが一段か二段上に行く可能性があります。鹿島としてはやはり、浦和の勢いは注意しなくてはなりません。


 ■大舞台での経験

 インタビューで小笠原が語っていた通り、鹿島の選手達は大舞台にみんな慣れており、勝たなければならない試合をいつもやっているため、やらねばならない事が分かります。大舞台で浮き足立つことのない鹿島アントラーズにとって、大舞台での経験を活かして自分達のペースで試合を進める事が出来れば、アントラーズが優位になる事は間違いありません。浦和の勢いからくる予測不可能な爆発力は脅威ですが、アントラーズは自分達の戦いをすることに徹すればおのずと勝利は近づくと思います!鹿島のタイトルホルダーたる所以を見せてもらいましょう!

 そして、高校時代から日本一に縁がない柴崎に是非、タイトルの味を教えてあげましょう!タイトルを獲得する事で、柴崎の成長速度は更に増す事になると思います!日々、鹿島の偉大な先輩達から様々な事を吸収している柴崎の決勝戦での大活躍に期待が掛かりますね!!



 最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。本日、ニューヒーロー賞の告知や決勝戦に向けた選手・監督のインタビューなどが行われるナビスコカップ決勝前夜祭に出席してきます!ニューヒーロー賞の速報など、旬な話題はなるべくtwitterでお届けしようと思いますので、良かったらTOP左列より、フォローしてください。ユーザー名は with_kashimaになります。もちろん、追ってブログにも情報をアップいたしますので、よろしくお願いいたします。

ヤマザキナビスコカップ決勝 10月29日13時よりフジテレビ系列で生中継



 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

   
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/152-bc801f6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。