上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 【フジテレビ すぽると!】において、ヤマザキナビスコカップ決勝として、鹿島アントラーズサイドに立っている清水秀彦さんと、浦和レッズサイドに立っている風間八宏さんが両チームの選手カードを切って両チームの戦い方を議論していくシリーズの第3弾が行なわれました。

 ちなみに初日は小笠原×柏木の司令塔対決、二日目は中田×原口の鹿島守備陣対浦和攻撃陣でした。

昨日、切ったカードは清水さんの大迫に対して、風間さんは鈴木でした。鹿島の攻撃陣対浦和の守備陣という構成で、大迫と鈴木のインタビューを交えながら、番組は進んでいきました。


 ■爆発の予感漂う男×ピッチ上で地獄を味わう男
 鹿島のFW陣は「速」の興梠「高」の田代に加えて、大迫は「強」という冠を清水さんに頂戴していました。私は懐の深いキープと万能性から「柔」というイメージを描いていたので、少し意外でしたが、それだけ好調な時の切れ味鋭いドリブルと強烈なシュートが評価されているのでしょう。ニューヒーロー賞の候補にも押されておりました。

 先輩達に褒められると嬉しくなって、どんどん頑張るという大迫は「止められても良いからどんどん仕掛けろ」とお尻を叩かれながらも、積極性をもってプレーする事で、結果を残せるようになりました。今やアントラーズ攻撃陣のキーマンといって差し支えないので、大迫が大車輪の活躍をすれば、鹿島の勝利ぐっと近づくでしょう!


 その大迫に対峙するのが、浦和レッズ一筋のベテランボランチ鈴木啓太です。CBの永田、濱田と共に鹿島の攻撃陣を迎え撃つ守備陣を形成します。鹿島のショートカウンターに警戒を抱いておりますが、そのショートカウンターが始まる段階で食い止めるくとを目指しているとのことでした。確かにカウンター攻撃に取り掛かって、少し前掛かりになったところでボールを失うと、原口・梅崎らにスピード溢れる逆カウンターをくらってしまうので、鈴木の経験と読みには特に注意が必要です。

 「ピッチ上で地獄を味わう男」という表現は、毎試合の走行距離から来ていると推測されますが、鹿島としてはボールを動かして、左右に揺さぶり、体力を消耗させて鈴木の運動量が落ちれば、中盤のイニシアチブを握ることが出来るので、中盤の主導権争いにも注目していきたいです。


 ■すぽると!特番フィナーレは監督+注目選手二人
 今日が特番のフィナーレですが、鹿島側がオリベイラ監督+田代+柴崎、浦和側が堀監督+梅崎+山田の出演となります。両監督に加えて、好調な選手二人ずつの出演となり、この中からMVPが生まれる可能性も高く、今日も目が離せません!



 最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。明日、ニューヒーロー賞の告知や決勝戦に向けた選手・監督のインタビューなどが行われるナビスコカップ決勝前夜祭に出席してきます!ニューヒーロー賞の速報など、旬な話題はなるべくtwitterでお届けしようと思いますので、良かったらTOP左列より、フォローしてください。ユーザー名は with_kashimaになります。もちろん、追ってブログにも情報をアップいたしますので、よろしくお願いいたします。

ヤマザキナビスコカップ決勝 10月29日13時よりフジテレビ系列で生中継



 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

   
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/150-2aa7295a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。