上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 日本代表は宿敵韓国をPKで下し、決勝へこまを進めた。


 このチームは何て逆境に強いのだろう。何て勝負強いのだろう。

 これまでの様に又しても不可解な判定でPKを与えて先制される。このまま、ずるずる行きそうな所だが、不思議と負ける気はしない。
 本田から矢の様なスルーパスが通り、サイドをぶち抜いた長友からJ得点王の前田が決める。

 主導権は日本、韓国と移り変わる中で中二日で後半に体力が落ちると思われていた韓国だが、体力は落ちることなく、逆に日本の体力が落ちる中で90分を終える。

 迎えた延長、本田のスルーパスから岡崎が倒されPKに。シリア戦に続き、本田が蹴るが、GKに読まれて止められる。しかし、細貝が詰めて勝ち越しに成功する。伊野波に続き、又してもサブメンバーの活躍。スタメン・サブの間で、隔てなく一体感を持って試合に臨んでいるから生まれたゴールであろう。

 その後、伊野波、本田拓を投入し、完全に逃げ切り体制に入る。サイドでのボールキープも気持ち良いほどに決まり、勝ちを確信していた。が、セットプレーでワンチャンスを活かされ同点に追いつかれる。あまりのショックに呆然としたが、テレビ画面を出ると交代でOUTしたキャプテンの長谷部が切り替えろと出場している選手に声を掛けている。結局、ゴールを割れなかったが、韓国選手にその気迫は伝わったに違いない。


 PK前、今大会の象徴的なシーンがあった。

 川島と西川のハグ。
 川島不在の間の活躍が大車輪であった西川。川島は前の試合で拙いミスから2失点。今大会安定感のある西川の起用はマスコミの間で騒がれており、本人も期待していたに違いない。しかし、指揮官が選んだのは川島。そこには本人しか知りえない葛藤があったのであろう。しかし、PK前のハグにはそんな葛藤を超えた心の底からライバルの活躍を願う西川がいた。西川の思いを背負った川島はファインセーブを連発。見事日本を決勝へと導いた。


 ザッケローニジャパンの勢いは留まる所をしらない。そのサッカーは確実に見るものをひきつけている。彼の指導により、今後の代表戦士達のJリーグ、世界での活躍、そして4年後のこのチームの未来が楽しみである。土曜日24時、今シーズンの鹿島ACL制覇の前哨戦として、多いにオーストラリア戦を楽しもう。

 以下、パク・チソンと鹿戦士について述べたい。


 ~パク・チソン

 Jリーグで下積みをして、世界に羽ばたいたプレーヤーの中で最も成功した選手であろうパク・チソンが引退を迎えた。ひたむきなプレーで京都サポーターの心を掴んでいた韓国の少年は、今や世界的なスター。しかし、松井や遠藤など元チームメート達とはメール等で連絡をとり、今も付き合いを続けていると聞く。
 日本人が世界への壁を感じたとき、欧州・南米のプレーヤーに無い走力と強い心を持っていたパク・チソンは常に日本人の、いやアジア人の目標になっていた。日本語が堪能なパク・チソンも第二の故郷日本との対戦で引退を決めた事に運命を感じているに違いない。
 

 パク・チソン、お疲れ様。かつては試合に勝った韓国に、試合後日本ベンチに向けてボールを蹴りこまれる事もあった両国が今日の試合では、お互いに健闘を称えていた。その架け橋として、きっと大きな力となってくれていたのであろう。本当にお疲れ様。


 ~岩政
 一対一の対応でやや危ない場面を作ってしまったが、高さという面ではやはり「アジア最強クラス」であった。決勝戦もその高さを存分に活かして欲しい。

 ~伊野波
 出場時間が少なく目立った場面は作れなかったが、5バック気味の3バックの一員として、そつない守備力を披露した。ディフェンシブなポジションであればどこでもこなせること、ザッケローニの信頼をがっちりと掴んだことを証明した。決勝でも華々しい活躍を期待している。
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/15-9c1284ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。