上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




鹿島アントラーズ時代
レオナルド1

1994年、フラメンゴ時代の先輩であるジーコからの誘いを受けてJリーグの鹿島アントラーズに移籍。3年間でリーグ戦通算49試合出場30得点という成績を残した。1996年にはフランスの名門パリ・サンジェルマンFCから移籍のオファーが来たため、鹿島を離れ難い心境からジーコに相談したところ、ジーコはレオナルドの将来を考え移籍を勧めた。同年7月に行われたカシマサッカースタジアムでの退団セレモニーでは自ら日本語で「感動を ありがとう!」と涙ながらに言い残した。1999年10月、ロベルト・バッジョと共に国立霞ヶ丘競技場で開催されたJOMOカップのゲストプレイヤーとして来日。外国籍選手選抜チームである「ワールドドリームス」の一員として参加し、久しぶりに日本のファンの前でプレーした。なお、この試合はレオナルドが日本でプレーした最後の試合となっている。


 この時期のレオ様は本当にすごかった。横浜フリューゲルス戦のリフティングゴールはJリーグ史上最高のゴールの一つであるし、ゲームを組み立てながら、49試合30ゴールという実績もそのすごさを物語っている。退団セレモニーでは「必ず鹿島に戻ってくる」とコメントを残し、サポーターの涙を誘った。ジーコの親心にも涙である。余談だが、柳沢はレオナルドに憧れて鹿島に入団したものの、すぐパリ・サンジェルマンにレオナルドが移籍してしまったため、ほとんど一緒にプレーする事が出来なかった。柳沢としては残念だったが、鹿サポとしては、ここでもレオナルドに感謝せずにはいられない。


指導者時代 -ACミラン~インテル-
レオナルド2

2009年6月1日、レオナルドはチェルシーFCに移ったカルロ・アンチェロッティの後任としてACミランの監督に就任。2009-10シーズン序盤はライバルのインテル・ミラノに0-4で大敗し、解任もうわさされた。第8節のASローマ戦を迎えた時点で10位と低迷していたが、独特の4-2-1-3システム(4-2-ファンタスティックとも表現される)を採用して徐々に成績を上げた。このシステムは従来のイタリアサッカーとはかけ離れており、ロナウジーニョ、アンドレア・ピルロ、クラレンス・セードルフらのクリエイティブなプレーが注目を集めた。UEFAチャンピオンズリーグではサンティアゴ・ベルナベウの地で初めてレアル・マドリードを破り、リーグ戦ではアウェーのユベントス戦に3-0で快勝した。UEFAチャンピオンズリーグは決勝トーナメント1回戦でマンチェスター・ユナイテッドFCに2試合合計2-7(2-3、0-4)で大敗を喫し、ベスト16に終わった。リーグ戦は前半戦を終えた時点で首位インテルから6ポイント差につけ、後半戦も安定してUEFAチャンピオンズリーグ出場権内の4位以内を維持していたが、2010年5月14日にシーズン限りでの監督退任が発表された。

2010年12月、シーズン途中で解任されたラファエル・ベニテスの後任としてインテル・ミラノの監督に就任した。


 レオ様は監督としても優秀だった。スカウト時代にカカやアレッシャンドレ・パトを獲得し、その手腕を発揮していたミランで2009年より監督に就任。就任当初は前任のアンチェロッティからのシステム変更に選手がなじめず苦戦したが、共存が難しいテクニシャンを共存させ、現役時代のプレーの様にファンタジー溢れる魅惑のサッカーを確立した。そのサッカーはミラニスタの心を掴み、退任時は非常に惜しまれた。
 昨年の12月より、インテルの指揮官に就任した。昨年の三冠を成し遂げたインテルだが、名将ベニテスを迎えたにも関わらず、リーグ戦は注意に沈んでいた。レオナルドは就任するや否や4連勝を飾っている。日本代表戦の解説にレオナルドが訪れた際には加藤浩次から「Jリーグから監督オファー来たら引き受けます?」と聞かれ、「鹿島なら」と答えた。これには痺れた。近い将来、鹿島の指揮官として、退団セレモニーの約束を果たすために戻ってきてくれると信じている。そして、魅惑のサッカーで「史上初」をもたらしてくれるに違いない。



 最後まで読んで下さってありがとうございます。更新の励みになりますので、「拍手ボタン」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。
関連記事




コメント(0) | トラックバック(0)
コメントを書き込む時は、以下の事項を守る様にお願いします。

1.コメント投稿により、管理人からの返信を望まれる場合は、必ず名前を記載して下さい。返信は2~3日掛かる事もありますが、予めご了承願います。
2.丁寧な言葉遣いをお願いします。守られない場合はコメントを削除させていただきます。
3.単なる誹謗・中傷については、FC2ブログに報告の上、削除・コメント禁止とさせていただきます。


秘密

トラックバックURL
→http://kantlers.blog9.fc2.com/tb.php/12-1f3c38ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。