上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 今回の震災により3月中のJリーグ公式戦が中止されたことを受け、トップチームの活動を休止することになりました。ブラジル人スタッフ・選手は帰国し、選手に関してもそれぞれの実家等に移動して再開を待つことになります。クラブハウスの断水などライフラインが復旧していないことに加え、被災により食糧が不足しガソリン供給が滞る現状では、鹿島エリアで活動を継続することは困難であると判断いたしました。サポーターの皆様には重ね重ねご心配をおかけいたしますたが、何卒ご理解をいただきたいと思います。


 鹿島アントラーズが活動を停止しました。テレビではいつも東北地方が取り上げられていますが、大地震は茨城にも大きな爪痕を残しており、断水が続き、ガソリンの不足で移動もままならず、また、福島の原発事故で放射能の影響も気に状況下において、この決断に至るのは止むを得ません。今は選手・スタッフの安全を第一として、今後、復興の象徴として、茨城の人達、東北の人達に力を与えてくれることを強く願っております。


 「99.99%不可能」(Jリーグ川淵三郎チェアマン)といわれたJリーグ加盟を成し遂げた鹿島アントラーズなので、今回の困難もきっと乗り越えてくれると信じております。既に宮崎で個別自主トレを開始するとの報道もあります。苦しい状況下でもプロとして準備を怠らない選手達には感動致します。スポーツの力が必要になる時は必ずやってきます!その時に力強い鹿島アントラーズが復活していることを強く、強く祈っております。



 <寄付した幼稚園児のエピソード>
募金箱の前にて幼稚園位の男の子と母親の会話。母「貯めてたのに本当にいいの?」子「3DS我慢する。これで地震の人の家建てる。」と言いお年玉袋から5000円を寄付。母「偉いね。地震の人、これで寒くなくなるね。」男の子思わず号泣。後ろにいた私、大号泣。



 感動したので、twitterより、引用させていただきました。幼稚園の子供でも被災地の方を慮っております。私も節電や募金だけで無く、自分が出来る事を今一度考えて、行動しようと思います。


 最後まで読んで下さってありがとうございます。更新の励みになりますので、「拍手ボタン」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。
スポンサーサイト




コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。