上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 結果は残念だったけど、終盤の手に汗握る戦いを堪能!

 両チームのゴラッソも素晴らしかった!

 勝ちたかったけどね。。
スポンサーサイト




コメント(1) | トラックバック(0)
 開幕を明日に控えますが、開幕直前特集の第二弾として、MF陣の戦力分析を行います。
※赤字をレギュラー、青字をローテーション選手と予想

GK、DF陣の戦力分析はこちらから


ボランチ
 ・柴崎 岳
 ・小笠原 満男
 ・本田 拓也
 ・梅鉢 貴秀
 ・山村 和也
 ・青木 剛

 今季の鹿島アントラーズにおいて、戦力充実のCBを凌ぐ充実度を見せているポジションがボランチのポジションになります。開幕をスタメンの座で迎えるのは、柴崎と小笠原主将です。毎年、着実にレベルアップを続け、日本代表ザッケローニ監督の関心も伝えられている柴崎ですが、オフのトレーニングでまた一つ身体が大きくなりました。今年は、高い位置でのゲームメークや、得点やアシストに絡む働きをトニーニョ・セレーゾ監督から求められておりますが、本人も得点やアシストへの意欲は十分です。質の高いミドルシュートや、一瞬の閃きから生み出されるスルーパスで、多くの得点を演出してくれるでしょう。今年は、クラブの顔として、更なる飛躍が期待されています。

 現状では、ダブルボランチのうち、柴崎と小笠原のどちらかがタイミングを見て飛び出していく形を取っております。柴崎と組む小笠原の存在感は絶大で、ボールへの素早い寄せや、安定感のあるゲームメークは流石です。しかし今季は、キャンプで初めてフルメニューをこなした本田拓也が、早いうちからスタメン争いに名乗りを上げてくると思います。柴崎と小笠原の両者を凌駕する守備力を誇り、ザックジャパンでもレギュラークラスの実力を持つ本田拓也は、鹿島の課題であるバイタルエリアの守備を改善できる切り札的存在ですので、今期中にスタメンを掴む可能性は高いと思っています。もちろん、小笠原は簡単にその座を受け渡すつもりは無いでしょうし、柴崎も同様でしょう。代表クラスの選手達のポジション争いは、激しいものとなるでしょうから、監督も嬉しい悲鳴を上げる事になりそうです。

 更には、成長著しい3年目の梅鉢や、復活が期待されている山村、与えられた役割を忠実にこなす青木も控えており、他チームが羨む人材が揃っており、Jリーグ随一の陣容と言っても過言ではありません。

2列目
 ・野沢 拓也
 ・ジュニーニョ
 ・本山 雅志
 ・遠藤 康
 ・中村 充孝
 ・土居 聖真
 ・川島 大地
 ・宮内 龍汰

 2列目の開幕戦レギュラーは、野沢とジュニーニョになりそうです。先日の対談から分かる様に、野沢の気力は充実しています。キャンプから攻撃陣を牽引していますし、練習試合、紅白戦で得点に絡む働きを見せています。野沢の復帰は、確実に得点力アップにつながると言えます。
 その才能を最大限発揮するためにも、野沢をゴールの側で起用したいところですが、水戸戦の試合レビューで書きましたが、現状ではゲームメークに組み込まざるを得ない状況です。トニーニョ・セレーゾ監督が掲げるボランチが高い位置でゲームメークを行うサッカーが実現出来れば(そのためにはCBからのビルドアップをしっかりしなくてはなりませんが)、高い得点力を有する野沢をゴールの近い位置で起用する事が出来ます。野沢のポジションが高くなればなるほど、それはチームが監督の理想系に近付いている事を表しているのかもしれないので、野沢の位置や働きにも注目しましょう。

 ジュニーニョは、得意の左サイドからのクロスで2TOPのゴールを量産してくれるでしょう。賢い選手ですので、中田浩二との連携で、左サイドの守備でも貢献してくれます。ただし、得点力には陰りが見えるので、シーズンを通してスタメンを維持する事は難しいのではないかと思います。トニーニョ・セレーゾ監督も信頼を置く本山や、新加入の中村、選手会長に就任し、責任感が芽生えてきた遠藤ら実力者がそのポジションを狙っています。
 特に、中村は清武に匹敵する才能を持つ選手と言われています。今は昨季まで所属していたメンバーを中心として、組織を構築する事を監督は優先させておりますが、その作業が完了すれば、2列目として、類稀なる得点力を持つ中村の存在はクローズアップされてくると思います。近年の得点力不足を解消する存在となって欲しいです!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。ギリギリまで開幕スタメンを狙っていた植田ですが、卒業式に出席するため帰郷し、開幕戦の出場は見送られる事になりました。ただ彼の戦いは始まったばかりです。今回は悔しいと思いますが、これからいくらでもチャンスは巡ってくると思います。豊川と共に、仲間との時間を大切にして、卒業式楽しんできてください。

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村





コメント(0) | トラックバック(0)
 鹿島アントラーズの2013シーズンの陣容も大分固まって参りました。そこで今回は第一弾として、GK陣とDF陣の戦力分析を行いたいと思います。
※赤字をレギュラー、青字をローテーション選手と予想

GK
 ・曽ヶ端 準
 ・佐藤 昭大
 ・川俣 慎一郎
 ・八木 直生


 GKのスタメンは今年も曽ヶ端が務めるでしょう。コーチングスキルを含めた総合力は、他のGKを凌駕し、今年も控えGK陣には大きな壁となって立ちはだかるでしょう。ただし、先日の水戸戦の失点シーンの様な、大きなミスがシーズンで何度か見られる事が懸念点として上げられます。

 その曽ヶ端に挑戦状を叩きつけている選手が、さんまこと佐藤です。広島から移籍後の2年間は公式戦の出番がありませんでしたが、昨年はナビスコカップに2試合、天皇杯でも1試合に出場。安定感のあるセービングを見せました。曽ヶ端との差はコーチング能力にあると個人的には思います。向上心の強い佐藤なので、その点が改善されてきており、最近はかなり声が出る様になった印象がありますので、偉大な先輩の技術を貪欲に盗んで、レギュラー獲りに挑戦して欲しいです。

 川俣にとっては、第2GKの佐藤の壁も厚いと思いますが、練習から高い意識を持って、研鑽に励んで欲しいです。
 心疾患で離脱している八木には、まずは病気を治して、ピッチに戻ってきて欲しいです。


 続いて、DF陣です。4バックのディフェンス布陣を来季も採用することが確実視されているため、右SB、左SB、右CB(CB①)、左CB(CB②)の4名が試合に出場することになります。

右SB
 ・西 大伍
 ・伊東 幸敏
左SB
 ・中田 浩二
 ・前野 貴徳
 ・鈴木 隆雅

CB①
 ・岩政 大樹
 ・昌子 源
 ・山村 和也

CB②
 ・青木 剛
 ・植田 直通
 ・(中田 浩二)

 2013シーズンの開幕時のスタメンは、西、岩政、青木、中田が務めると予想します。まず、右SBですが昨シーズン大きく安定感を増した西のレギュラーは間違いありません。特に攻撃面では、右サイドの高い位置にポジションを取って、鹿島の右サイドからの攻撃の基点になっています。最前線まで攻め上がってのクロスの質も高いので、今年はダヴィというヘディングの強いストライカーも加入しましたし、アシストが増えるのではないでしょうか。
 2番手につけるのは伊東です。宮崎キャンプでは紅白戦の控え組としてプレーし、良いアピールが出来たと思うので、まずは今年公式戦デビューを果たして欲しいです。

 次に左SBですが、現時点では中田がレギュラーとして開幕を迎える可能性が高いです。SB経験もありますし、非常にクレバーな選手です。右サイドの西が攻撃の大好きな選手ですので、攻守のバランスを取って守備面で安定をもたらしてくれるでしょう。攻め上がるタイミングも流石ですが、昨日も記事にしたとおり、まだまだクロスの質には改善の余地があります。
 攻撃力に関して言えば、愛媛から移籍した前野にイニシアティブがあると思うので、鹿島アントラーズの戦い方に慣れるに連れて、レギュラー獲りに挑戦してくると期待しています。
 生え抜きの鈴木隆雅も、ダイナミックなドリブルが魅力な選手なので、各年代別代表経験者として、中田、前野という高い壁を乗り越えて欲しいです。

 CBのレギュラーは岩政と青木に当確ランプが灯っていますが、第3CB争いが熱いです!宮崎キャンプでは、植田と昌子がその座を争い、宮崎キャンプ以降、鹿島でのトレーニングでは、一時山村がその座を掴んだかに見えましたが、岩政負傷後は水戸戦に向けて植田が主力組で調整。しかし、蓋を空けると水戸戦は昌子が90分フル出場となりました。水戸戦の昌子はポジションを掴むだけのパフォーマンスを見せたとは言いがたいので、ポジション争いはこれからも続くでしょう。誰が第3CBのポジション、そしてその先のレギュラーポジションを掴むのか、シーズンを通して競争が続きそうです。3人とも日本代表に将来選ばれてもおかしくないだけのポテンシャルを有しておりますので、激しい競争を通じて、個々のレベルが引き上げられれば素晴らしいですね。彼らが成長して、レギュラーの二人が脅かされるくらいになれば、かなり強固な中央の守りが作られると思います。中田浩二もCBとしてプレーできますし、非常に分厚い選手層を誇るポジションだけに、激しいポジション争いに注目です!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。岩政の状態に不安を残すだけに、開幕戦は誰が出場するのか、緊張感が保たれた状態のまま、この一週間を過ごすと思います。アピールに成功して、ポジションを掴むのは誰か、非常に注目ですね!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村





コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。