上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■浦和レッズ戦の木村博之主審の判定を松崎康弘審判委員長が振り返る
 既に沢山の方がご存知であると思いますが、読者からの判定に関する質問に対して、松崎審判委員長が答えるQ&A形式の『No Referee,No Football』と題するコラムがゲキサカで連載されております。今回の質問は、鹿島アントラーズ対浦和レッズ戦の3つの判定についてです。3つの判定に対する質問のサマリーは以下の通りです。
※詳しくはリンクを参照してください(⇒【J1第5節 鹿島vs浦和】<読者からの質問>


・前半24分に、新井場がマルシオ・リシャルデスを倒してPKになったプレーは、FKと判定すべきだったのではないか?

・前半40分に、西が梅崎にペナルティエリア内で倒されたシーンは、梅崎のファウルであり、PKを与えるべきだったのではないか?

・後半17分に、大迫のゴールが取り消されたが、体を預けた槙野を大迫が抜いたために、自分で倒れ込んだだけで、大迫のファールでは無いのではないか?


 これらの質問に対して、松崎委員長は非常に分かりやすく説明をしてくれており、3つの判定について木村主審のジャッジが間違っていた事を認めております。詳細については、リンクを参照ください。


■審判問題で重要な事は振り返る事だけだけではない
 私が今回、論じたいのは『鹿島アントラーズ対浦和レッズの試合では、やっぱり誤審があった』事ではありません。後で検証して、ジャッジに誤りがあったことが明らかであるにも関わらず、Jリーグ側から何の発表も無いこと、そして再発防止策がどのように取られているかが不透明であることです。ジョルジーニョ監督のベンチ入り停止処分の原因となったのは、西のドリブルについてファールをもらえなかったプレーですので、正確に下された判定に対して執拗に抗議したのであれば、ジョルジーニョ監督だけが処分を受けることに納得できますが、誤った判定が原因でプレーに抗議して、抗議した側だけが一方的に処分を受けるのは、到底納得できません。

 オフィシャルな発表がなされていないことは大変疑問ですが、サンフレッチェ広島戦で新井場がレッドカードを受けたシーンについて、クラブが提出した質問状に対して、ファールでは無かった事を認めた旨の回答がクラブに届いたようです。そのため、鹿島アントラーズ対浦和レッズ戦の試合に対する判定についても、Jリーグ側が水面下で木村主審に処分を下しているものの、それを公表していないだけではないかとも思っていました。
 しかし、その読みは甘かったようです。木村主審は、今節も万博記念競技場で行われたガンバ大阪対川崎フロンターレ戦の笛を吹いておりました。先日の鹿島アントラーズ戦対浦和レッズ戦での判定は、Jリーグの関係者の多くが知る所ですので、仮に木村主審が、判定が難しいプレーに対して、ジャッジを下した時に、審判の判定を選手に信じるようにというのは難しいと思います。

 審判のレベルを本当に向上させたいのであれば、明らかな誤審を行った審判については、処分を公表し、研修を行う等しっかりと対策を講じる事が必要であると思います。研修等を通じて、判定技術が向上している事を選手や監督に周知し、審判と選手・監督間で信頼関係を築く事は、誤審を行った審判が信頼を回復するために必要不可欠な事であると思います。

 スムーズに試合を運営するためには、選手達が判定に納得してくれること、即ち抗議の時間をなるべく抑える事が必要となります。選手からの抗議を少なくするためには、カードを提示して選手を牽制することも時には必要でしょうが、判定に納得してもらえるように、選手から説明を求められた時は判定の基準をしっかりと説明して、納得してもらう事がより重要だと思います。当ブログで、以前から述べさせていただいているとおり、日本の審判は海外の審判と比較して、試合中の選手との対話が少ない傾向にあります。難しい判定に対して、その内容を選手に説明し、下した判定の基準について理解してもらい、選手との信頼関係を築くことは、試合をスムーズに運営するにあたって必要不可欠な事だと思います。

 ジョルジーニョ監督が語るとおり、その国のサッカーの質とレフェリングの質はリンクしている部分があります。急速に発展してきた日本サッカーですが、その発展をこれからも続けいていくためにも、レフェリングの質を向上させることが求められます。判定によって、試合の結果が左右されてしまう事があまりにも多い事に対して、改善に向けて日本サッカー協会に真摯に向き合ってもらえる様に、我々サポーターが、皆で訴えていく必要があるのではないでしょうか。

 急速に発展してきた日本サッカーですが、レフェリング問題に対しても、真摯に向き合っていけば、急速な発展は望めるはずです。近い将来、W杯等、世界の檜舞台に優秀な日本人レフェリーが数多く輩出される日が来ることを祈っております。


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。松崎審判委員長のコラム『No Referee,No Football』は、判定一つ一つに対して、分かりやすく検証を行ってくれていますので、非常に参考になります。まだご覧になった事が無い方は、是非、ごらん下さい。基本的に一節ごとに更新されています。

 鹿島アントラーズについては、柴崎、中田の復帰が迫っているようですね!明日のナビスコカップ・札幌戦、週末のリーグ・セレッソ大阪戦が非常に楽しみです!明日のナビスコカップ・札幌戦については、夜にスタメン予想を更新致します。

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント(4) | トラックバック(0)
 Jリーグの中西大介事務局長は14日、来年から原則的にJ1は土曜日、J2は日曜日に固定開催する提案をしていることを明らかにした。同日のJ2実行委員会では全会一致で賛成を得た。15日のJ1実行委員会でも了承されれば、20日のJリーグ理事会で最終決定する。

 Jリーグによると、過去にJ1を土曜日、J2を日曜日に分けて開催したのは1999年、2000年の2シーズン。中西事務局長は変更について「第一の目的は分かりやすさ」と説明した。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場チームや、試合会場の確保が困難な場合は例外も認めるとしている。

 またJ2実行委では、現行はJ1のチームだけで争われているヤマザキナビスコ・カップを、来季からJ1、J2の全チームが参加して水曜日の開催とし、トーナメント方式とする方針も確認した。
(スポーツ報知より)


(以下、赤字部分、9/20Jリーグ理事会後に追記)
 J1土曜、J2日曜開催を決定=Jリーグ
 Jリーグは20日の理事会で、来季から原則として1部(J1)リーグ戦を土曜日に、2部(J2)リーグ戦を日曜日に開催することを決めた。大東和美チェアマンは「曜日を固定してファン、サポーターに分かりやすい日程を提示することで、親しみやすいものになる」と語った。来季のナビスコカップの開催方式は、10月以降議論する。 
 大東チェアマンは来季の日程について、J1、J2とも今季と同様に3月上旬開幕、12月第1週閉幕とし、ロンドン五輪期間中も週1試合のペースで実施する考えを示した。



<Jリーグの開催日固定について>

◆メリット
 ・開催日が固定されることで、スケジュールが立てやすい。
 ・J2のチームにとっては、J1と開催日がずれるため、観客動員やメディア露出の増加が見込まれる。
 ・日程面の有利・不利が解消される。

◆デメリット
 ・土曜日の予定が立たない方にとっては、観戦する機会が大幅に減少する。
 ・開催が1日に集約されて同時開催が増えることで、複数クラブのサッカーを観戦したい方にとっては、観戦機会が限定される。
 

 過去にもあった制度ですが、来年のJリーグは、J1が土曜日開催、J2が日曜日開催と本日のJリーグ理事会で可決されそうです。
 私のように土日休みが取れて、Jリーグでは一つのクラブの試合を主に観戦するサポーターにとっては、歓迎すべきルール改正なのかもしれませんが、Jリーグが掲げている「サポーターの門戸を広げる」という観点からいうと、簡単にはメリ・デメを判断できません。私が知っている中でも、少なくない数のサポーターの方が、土曜日開催になってしまい、来年の観戦を諦める事態になってしまっております。門戸を広げるつもりが、今までJリーグを支えてくれたサポーターの門戸を狭める結果につながりかねません。
 まだ、決定していないので、覆る可能性も残っておりますが、どういう決断が下されるのか注目です。どうかメリットだけを追求せず、メリ・デメを十分に考慮されての決断であることを願っています。

(以下、赤字部分、9/20Jリーグ理事会後に追記)
 ⇒ 「曜日を固定してファン、サポーターに分かりやすい日程を提示することで、親しみやすいものになる」との回答で、J1土曜日、J2日曜日開催が決定しました。曜日の固定化は確かにメリットでしょうが、デメリットを排除しきっていない段階での、改革の断行となりました。


<ナビスコ杯のJ2参戦、それに伴うトーナメント方式の採用について>

 ◆メリット
 ・普段、対戦機会の無いJ1/J2の対戦が組まれ、ジャイアント・キリングの可能性を秘めた、エキサイティングな試合が生まれる可能性が高まる
 ・トーナメント方式なので、勝ち上がるまでのプロセスが分かりやすい

◆デメリット
 ・J1チームにとっては、主催試合の減少につながる。
 ・天皇杯と開催形式が似ている。


 ナビスコ杯の改革案については、J2実行委員会では賛成を得ていたものの、J1の実行委員会では、反対が過半数を占めたとのことで、本日のJリーグ理事会では否決される可能性が高まっております。
 やはり、J1勢からすると主催試合の減少は、そのまま収入減につながってしまうため、受け入れがたいとのことだと思いますが、Jリーグの将来を考えると、普段行わないチームの対戦で、そしてジャイアント・キリングが起こる可能性がある魅力あるゲームが増加することによって、サッカーファンの裾野が広がる可能性があるので、そこは一時の利益だけを考えず、将来のことを熟慮しての決断をJリーグ理事会で出して欲しいと思います。

(以下、赤字部分、9/20Jリーグ理事会後に追記)
 ⇒ナビスコカップの開催方式については、10月以降に継続審議とのことですが、基本的に大きな大会方式の変更(J2の参加)はないようです。





 最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。今回の改革については、Jリーグを良くしていこうとの姿勢は垣間見えますが、少なくともJ1/J2の足並みは揃っておりませんし、一般ファンの意見はどこまで取り入れられているのかが、不明瞭です。本日のJリーグ理事会では、どういう経緯での決定に至ったかを説明してくれることを望んでおります。
(以下、赤字部分、9/20Jリーグ理事会後に追記)
 速報記事では、決定までの経緯があまり記載されておりませんでした。明日以降に開示されることを望みます。

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村




コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。