上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■天皇杯の組み合わせ決定!
 今年から天皇杯4回戦以降は、オープンドロー形式で、再抽選される事が決まっておりました。その抽選が昨日行われ、我等が鹿島アントラーズは、ジュビロ磐田との対戦が決まりました!トーナメント表は以下の通りです。
※引用元:日本サッカー協会 公式サイト

tennnouhai.jpg

 J1同士で対戦する可能性は50%だったので、4回戦からJ1のチームと対戦する今回の抽選結果は、不運と見なす向きもありますが、準々決勝では、ジェフユナイテッド千葉vs福島ユナイテッドFCの勝者との対戦です。ベスト8でJ1と対戦しなくては良いので、優勝を目標に逆算すれば、悪い抽選結果では無いと思います。
 かつては、ライバルチームとして凌ぎを削り、国内タイトルを分け合った鹿島とジュビロ。私の様な古くからのサポーターには、ライバルチームというと、ジュビロが真っ先に思い浮かびます。簡単な相手ではありませんが、相手にとって不足なしです。相手がジュビロだけに、選手達のモチベーションもかなり高まると思います。天皇杯制覇のための、最初のハードルは大きいですが、ここで勝利すれば、勢いがついて優勝が見えてくるので、この一戦に全てを注ぎ込みましょう!

 他ブロックを見ても、有力チームが分散し、偏りの無い抽選結果となりました。ACL出場権が与えられる事もあって、元日まで熱い戦いが繰り広げられるでしょう!素晴らしい試合がたくさん見れる事を期待しています!

 
 最後まで読んでいただいてありがとうございます。選手達の声で良く聞かれるのが、『元日に試合を迎えられるのは、サッカー選手冥利に尽きる』というものです。我々サポーターとしても、一年の最初の日から、好きなチームがタイトルをかけて戦う試合を見られるのは、本当に幸せな事だと思います。鹿島アントラーズが決勝まで勝ち進み、その試合に勝利して、ACLの出場権を確保する事を祈っております。

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント(0) | トラックバック(0)
 天皇杯三回戦を休養十分でホームで戦える鹿島アントラーズは、中二日で富山から鹿島まで移動してきたカターレ富山との一戦に臨みました。ACLの出場権確保に向けて、すっきりとした快勝を期待していたのですが、またしても延長に突入する苦しい試合となってしまいました。


 ■シーズン佳境に向けて、怪我人続出
 この試合では、今シーズンの守備陣を支えている中田とチーム得点王の田代という攻守の要が怪我をしてしまいました。

 中田は左もも裏を痛めて途中交代しました。肉離れの可能性もあり、17日に精密検査を受けるとの事です。復帰が近づいていると予想された岩政もベンチにも入りませんでしたし、更にディフェンスリーダーの中田が戦線を離脱することになると更にディフェンスは厳しくなりますね。

 一方の田代もJ's GOALの田中滋さんのレポートによると、「残り(試合)は全部駄目かも」とコメントしたようで、最悪今シーズン絶望の可能性もあります。田代の高さが今シーズンの鹿島にもたらしているものは、非常に大きいですし、田代が残りの試合に出れないとなると、鹿島の攻撃陣にとっては痛すぎます。大宮戦と清水戦はU-22代表に招集された大迫もいないので、興梠には大きな期待が掛かります。残り試合での田代の起用方法は、田代の将来にも影響を及ぼす可能性があるので、何とか来月の天皇杯4回戦までには戻ってきて欲しいです!


 ■厳しい状況で失点の原因になってしまった昌子

 中田の怪我で前半20分に交代で出場した昌子。CBは途中交代で入るのはかなり難しいですが、新人には難しい場面でしたね。筑波大戦で青木とCBコンビで出ていたため、大きな混乱はありませんでしたが、自分のマークの時に失点してしまう悔しい経験をしました。途中出場したのに、交代させられる悔しさとあわせて、こういう悔しい経験を乗り越えて先輩達は大きくなっていったので、昌子にも困難に負けず頑張って欲しいです!


 ■波乱続出の天皇杯

 天皇杯は波乱続出でしたが、何とか鹿島アントラーズは4回戦に進むことができました。4回戦の相手は来年はJ2降格が決まっている山形を破った京都サンガ。0対2から宮吉のハットトリックで大逆転を飾りました。
 
 J1・J2以外で残っていたクラブの一つ松本山雅がアルビレックス新潟相手にビッグスワンで勝利をかじるという大金星。このジャイアントキリングにより、松本山雅は次戦で横浜FMと対戦します。松田直樹が愛した2チームが天皇杯という舞台で戦うとは、中沢の言葉を借りると「そういう巡り合わせ」ですね。勝ち負けを越えた素晴らしい試合をみたいです!
 もう一方の福岡大学は湘南ベルマーレ相手に延長戦に持ち込みましたが、惜敗しました。


 そして水戸ホーリーホックがJ1で優勝争いをしているG大阪を破るという大金星!G大阪は控えメンバーも多く出ていたとはいえ、大金星であることには変わりません!師匠鈴木隆行も同点ゴールを決めています!

 その他、J2のクラブがJ1を下した波乱の試合は、ジェフ千葉がジュビロ磐田を、愛媛FCがサンフレッチェ広島を、FC東京がヴィッセル神戸を下しました。FC東京は戦力的に波乱とは言えないですが、。。


 ここからまた一ヶ月空いてしまいますが、面白い試合が目白押しである天皇杯をシーズン最後の楽しみとして、楽しみましょう!



 最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。DF、FWともメンバーが厳しくなってしまいましたが、ここは試合に出る選手達に期待しましょう!中でも得点を決めた興梠にはこれまでの不振を挽回する活躍を期待したいです。

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



コメント(0) | トラックバック(0)
 第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会は16日に3回戦が行われます。代表戦はありましたが、Jリーグのサポーターの方々にとっては、シーズンが佳境を迎えるこの時期に2週間の空白はヤキモキしたのではないでしょうか。かくいう私もそうです。笑
 

 ■鹿島アントラーズ連覇への道
スクリーンショット 2011-11-13 23.49.14
第91回天皇杯トーナメント表

 
 だいぶ期間が空いてしまったので、現在の状況を復習します。まぁ次の試合を終えると、また一ヶ月試合が空いてしまうのですが。笑

 鹿島アントラーズは三回戦の相手にカターレ富山を迎えます。J2のクラブとしてモチベーションを高くしてこの試合に臨んでくると思われますが、ホームでの試合ですし、休養も十分なので、ディフェンディングチャンピオンとしては絶対に負けられません!
 その後の対戦は、四回戦でモンテディオ山形と京都サンガの勝者と、準々決勝では川崎フロンターレ・大分トリニータ・福岡大学・湘南ベルマーレの勝者と戦います。順当にいけば、モンテディオ山形、川崎フロンターレとの試合となります。ここ最近はベスト4までの大会を鹿島スタジアムで行う事が多かったですが、今年はどうなるでしょうか。ホームで戦える優位性は計り知れないので、是非今年もホームで試合を行って欲しいと思います。
⇒スタジアムで配られるフリークス号外などによると、Jリーグホーム最終戦である清水戦後に鹿島スタジアムの修繕工事が行われるようです。WEB上での発表はされていないので、望みは捨てておりませんが、鹿島スタジアムでの開催が行われないことが濃厚です。。。


 個人的には、今年川崎フロンターレには1分け1敗ですし、特にホームでの試合は退場した相手に2点を追いつかれる悔しい試合でしたので、そのリベンジを果たしたいですね。しかし、苦手等々力での試合となったら大変ですね…
 天皇杯みたいなトーナメント戦は一戦必勝なので、まずはカターレ富山にきっちりと勝ちましょう!


 ■その他、3回戦展望
 
 <ジャイアントキリングなるか>
 勝ち残っている32チーム中、30チームをJ1・J2のクラブが占めています。残っている二つのクラブは松本山雅FC(JFL)と田代の出身大学である福岡大学(福岡県代表)になります!2年前の第89回大会2回戦でも両チームともジャイアントキリング(大物食い)を演じており、トーナメントに強い両チームなので、Jクラブといえども侮れません。その89回大会では松本山雅が浦和レッズを、福岡大学が水戸ホーリーホックを破っています。

 今大会の2回戦でJ2の横浜FCを破った松本が対戦するのは、J1で調子を上げつつあるアルビレックス新潟です。外国籍選手を中心とした新潟の多彩な攻撃をしのぎ、再びのJ1相手のジャイアントキリングはなるでしょうか!
 福岡大学は2回戦でJ1の大宮アルディージャをPK戦の末に振り切り、既にジャイアントキリングを成し遂げております。3回戦でJ2の湘南ベルマーレに挑戦。堅守速攻で格上のチームから連勝を狙います!

 <J1対J2>
 J2勢もJ1勢に対して下克上を起こすことを虎視眈々と狙っております。来期J1昇格が濃厚のFC東京はJ1のヴィッセル神戸と対戦します。戦力的には互角といえるので、好試合が期待されます。今年昇格した柏レイソルが首位を争っておりますので、来年のJ1を占う意味でもこの試合には注目しております。FC東京は昨年この大会ベスト4ですからね。京都サンガ対モンテディオ山形、大分トリニータ対川崎フロンターレ等も注目です。



 最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。この試合に敗れてしまうとシーズンはJリーグの最終戦で幕を閉じることになってしまいます。我々サポーターとしては、少しでも長くシーズンを楽しみたいので、今年も最後まで、そして元旦まで手に汗握る戦いを観たいです!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



コメント(2) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。