上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■若さ溢れるフレッシュなメンバーで、3連覇へのスタートを切る!
 J1リーグ戦では、強豪チームとの3連戦を1勝2分と悪くない成績で終えた我等が鹿島アントラーズ。2連覇中のナビスコカップは、第一戦がお休みだった事もあり、休養十分な状態で試合に臨みます。第一戦は、グループ内のライバル達が全て引き分けだった事もあり、ディフェンディングチャンピオンとして、ナビスコカップでもスタートダッシュを決めたいところですね!

tokyo.jpg
ベンチ予想:GK川俣、DF伊東、DF山村、MF柴崎、MF野沢、MF本山、MF土居

 スタメン予想は上記の通りです。
 
 ベストメンバー規定が適用されない今節では、思い切ったメンバー変更が予想されています。木曜日の紅白戦で主力組に入った上記のメンバーがそのまま起用される可能性が高そうです。レギュラーで出場する選手達は、大迫・ダヴィ・西の3選手のみですが、代わりに出場する選手達は、皆実力者揃いであります。トニーニョ・セレーゾ監督は、現状ではレギュラーを固定して戦っておりますが、どこかで必ずメンバー変更を考えていると思うので、この試合で良いアピールを見せて欲しいです。

<守備はレギュラー組を凌ぐ?>
 個人的に一番楽しみにしているのが、守備陣です。ボランチの2人は、守備力でレギュラーの小笠原と柴崎を凌いでおり、紅白戦でも主力組を相手にその守備能力を如何なく発揮しています。CBとの関係性を確認しながらバイタルエリアを守る事の上手い本田拓也と、豊富な運動量で激しいプレスを掛ける事の出来る梅鉢の二人は、中央の守りをがっちりと引き締めてくれると期待しています。

 そして、若きCB二人の競演にも注目です。二人とも1対1の強さには自信を持っており、走力にも秀でているので、受身ではなく攻める守備をする事が出来れば、強力攻撃陣を誇るFC東京相手にも、十分に立ち向かう事が出来ると思います。明日の試合がデビュー戦となる植田ですが、ヘディングの高さは既にJリーグ随一であり、スピードもCBとしては世界レベルにあるでしょう。個性溢れるFC東京の攻撃陣を二人で抑えこむ事が出来れば、レギュラーの二人にも大きな刺激になるので、注目したいです。

<西の攻撃力を活かす遠藤>
 この試合では、左サイドに新戦力が集まっている事もあり(前野・中村・植田)、メディア等では左サイドが注目を集めております。かくいう私も新戦力の前野や中村のプレーにはとても期待しておりますが、右サイドにも同様に注目しています。鹿島アントラーズのSBとして、西大伍は、守備では甘さが残るものの、攻撃力は非常に高いものを見せております。しかし、現在の鹿島アントラーズのサッカーでは、前線のタメが十分ではなく、西の攻め上がりのタイミングを難しくしてしまっています。テクニックに疑いの余地は無く、チームに無くてはならない存在となっている野沢ですが、ワンタッチ・ツータッチでのプレーを好む事が多く、バックパスや横パスも多いので、前線でのタメを作る働きとしては十分とは言えません。一方、遠藤のボールキープ力は確かなものなので、西とのコンビネーションで存在感を示せば、2列目右サイドのレギュラーを掴む事も可能だと思います(その場合、野沢は左サイドへ移ると思います)。選手会長となり、今季に賭けている遠藤の奮起にも期待しています。

 復活している、日本が誇るクリスタル本山の状態も確認ポイントですね。鳥栖戦や広島戦では、本山の不在の影響を感じたので、コンディションがどこまで戻っているのか、注目しています。


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。確かにメンバーは大幅に入れ替えておりますが、実力者が揃った強力なメンバーであると私は思います。現在は昨季の主力を元にリーグ戦を戦っていますが、シーズン中盤~終盤にこの中から何人かの選手がレギュラーに入っていれば、それは昨季からの上積みを意味しますので、強力なチームが出来上がっている事と思います。ディフェンディングチャンピオンとして、素晴らしい試合にしましょう!


 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ 
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント(12) | トラックバック(0)
■ナビスコカップの日程発表!
 ナビスコカップの日程が発表されました。ACLに挑む4チームは予選免除となるので、残りの14チームを2つのグループに分けて、予選を戦います。3連覇に挑む鹿島アントラーズは、Bグループに所属しており、同組の対戦相手は、新潟、大分、FC東京、鳥栖、名古屋、C大阪になります。

 7チームでの総当りとなるので、各節1試合は休むチームが出る事になります。鹿島アントラーズは、以下の通り、第1節が休みとなりました。

第1節 3月20日(水)No Game
第2節 3月23日(土)FC東京(カシマ)
第3節 4月3日(水) 鳥栖(カシマ)
第4節 4月10日(水)新潟(東北電ス)
第5節 4月24日(水)名古屋(カシマ)
第6節 5月15日(水)大分(大銀ド)
第7節 5月22日(水)C大阪(金町スタ)

 連戦の都合から言っても、コンビネーションを深めるために実戦経験を早めに積みたい点から言っても、第1節の3/20(水)には試合を行って、連戦が予定されている第6節、第7節辺りで休みが来るのが、個人的には理想だっただけに、少しだけ不利な印象を受けています。
 しかし、鹿島は全てのタイトルを狙う事が義務付けられ、ナビスコカップでは近年無類の強さを発揮しています。序盤戦から勝利を積み重ねて、後半戦は余裕を持って戦える様になっていればと期待しています。

 何人かの選手は移籍してしまいましたが、それを補うピンポイント補強が行われた事もあり、連戦に耐えうる選手層はあります(左サイドバックは不安ですが…)。トニーニョ・セレーゾ監督は、タイトル奪還のために、開幕ダッシュを目標として掲げておりましたが、ナビスコカップでも開幕ダッシュを成功させて、前人未到の3連覇を達成して欲しいと思います!


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。宮崎キャンプの練習が始まりましたが、本山と野沢が素晴らしい連携を発揮しているようです。天才二人にしか見えない世界が、広がっていると思います。再び展開される、魅惑のコンビネーションが楽しみです!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ 
にほんブログ村





コメント(2) | トラックバック(0)
■大舞台で輝いた、煌めく若き才能
 鹿島アントラーズサポーターの皆様、おめでとうございます。今シーズンは本当に厳しいシーズンでしたし、この試合も本当に厳しい試合展開になりましたが、それでも、今年もタイトルを獲得してしまうところに、このクラブの底力を感じる事が出来ました。

 大迫、大前の両エースに加えて、ニューヒーロー賞の石毛や、日本代表に選出された事もある柴崎など、これからの日本代表を担う逸材が鹿島•清水の両チームには多く存在します。そうした、次代のスター候補がいる中で、この試合で最も輝いたのは、鹿島が誇る20歳、柴崎岳です。

 二本のゴールとも、柴崎の飛び出しから生まれたゴールです。特に二点目は、紛れもなくワールドグラスのゴールです。ヨーロッパでも中々お目にかかれないレベルのゴールだと思います!横パスを左足で、相手のDFが届かなく、キーパーも飛び出す事の出来ないスペースに絶妙にコントロールし、冷静かつ豪快なシュートをゴールに突き刺しました。あのプレーには、柴崎の魅力が凝縮されていたと思います。プレッシャーの掛かる場面での、冷静なPKと相手の反則を誘発した飛び出しも見事でした。

 昨年から、ゲームコントロールの巧みさと、危険を察知して、スペースを埋める能力は、かなりのレベルに達していましたが、得点力には課題を残していました。ルーキーシーズンから、コンスタントに試合に出場できていたに関わらず、リーグ戦の初ゴールが先日のFC東京戦である事が、それを物語っています。この試合の2ゴールは、日本代表メンバー定着への足掛かりとなるのではないでしょうか?少なくとも、『育成枠』で呼ばれる選手では無いですね。

 底しれない才能を持つ柴崎には、これからも更なる高みを目指して精進して欲しいと思います。以前、日本代表の遠藤自身から、『ポスト遠藤』として指名された柴崎ですが、将来的に、その遠藤を越える選手へと成長して欲しいです。無論、そうなった際には、鹿島を巣立って、欧州に移籍する可能性が大きくなる事は百も承知です。鹿島でのプレーで、その底しれないポテンシャルに気付かされる度に、何年後かは分かりませんがいつかはそういう日がくる事は覚悟しております。

 この大舞台でPKを任せられるというのは、これからの鹿島を引っ張っていって欲しいという、監督からのメッセージだと思います。大迫、山村らと共に、これからの鹿島を引っ張って、黄金時代を作って欲しいと思います。

 今シーズンは、リーグでは下位に沈んでいます。誤審による敗戦が続き、本当に苦しい時期もありました。しかし、クラブは方向性を見失う事なく、皆を正しい方向に導きました。皆の結束が失われなかったからこそ、それら障壁を乗り越えて、今回のタイトルがあると思います。このチームはこれから、更に、更に強くなりますよ!

 最後に一つ付け加えさせてください。
 昨日の優勝は、柴崎の言うとおり、チーム全員で勝ち取った優勝です。それを導いたのは、勝てない状況でも、辛抱強く若手を起用したジョルジーニョ監督であるのは間違いありませんが、起用されなくても、腐る事なく努力を続けた増田らの献身もありました。昨日の増田の精力的なプレーを見て、目頭が熱くなりました。増田は、二列目として監督からの信頼を掴んで来ていますし、これまでの努力は、これから必ず報われるでしょう!あの決勝点のシーンの、美しいサイドチェンジは一生忘れません!

 残りのシーズンも皆で一丸となって、全力で駆け抜けましょう!

 
 最後まで読んでいただいてありがとうございます。勝利の歓喜に沸く鹿島に、神様ジーコからの優勝を祝福するメッセージが届きました。ファミリーの結束がもたらした優勝ですね!
 この勢いで、リーグ残り4試合と天皇杯を制しましょう!

 更新の励みになりますので、以下の「鹿島アントラーズ応援バナー」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



コメント(2) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。