上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 この試合の前のリーグ戦で、小笠原らを温存し、満を持して臨んだこの一戦。浦和戦の内容が良かった事から、試合前からACL決勝トーナメントの壁をやぶるのは今日に違いないと期待せずにはいられませんでした。


 この試合の結果は皆さんもご存知だと思うので、先に結果から述べますと、0-3の完敗でした。途中、岩政のゴールがオフサイドと取られる誤審もあり、反撃への気勢を削がれましたが、内容的には完敗と言わざるを得ませんでした。とても、とても悔しく、この記事を書いている今も、気持ちは全く切り替えれてませんが、鹿島アントラーズは立ち止まっている事が許されないクラブです。きっと見事に立ち直って、リーグ戦で見事な結果を残してくれると信じています。なので、私も傷に塩をぬりこむような敗因分析はしたくないですが、明るい未来を掴むためにも、振り返ります。


 ■収まらなかったボール、ちぐはぐな攻撃
 オリベイラ監督の試合後のコメントの中で、「相手陣内でボールを保持することが狙いだったとありますが、狙いどおりには事が運びませんでした。一つには芝が悪く、落としたボールがことごとくショートしてしまった事があげられます。環境面の慣れ・不慣れの差が如実に出てしまいました。もう一つは興梠とカルロンの距離が開いてしまった事があげられます。興梠は最初は前線の基点になろうとしていましたが、恐らく、あまり有効でないと感じ、途中から裏狙いに切り替えていました。その狙いは間違っていなかったと思いますが、そのままポストの役目を担っていたカルロンとは距離が開いてしまい、まったくカルロンの動きが意味の無いものになってしまいましたし、後方から興梠の裏への動きにあわせたパスも出なかったので、試合を通して攻めへの意識が共有できていませんでした。


 ■大一番での選手起用
 この試合のスタメンにカルロンと増田が起用されました。カルロンは攻撃の軸になりうる存在だと信じておりますし、増田も浦和戦の調子が良かったので、その起用は理解できます。悔いが残るのは、どうしてこの大事な試合を迎える前に、もう少し二人を起用できなかったのでしょうか。特にカルロンは、日本で始めてプレーしますし、生活面から慣れなくてはいけないとオリベイラ監督も認識していたので、もう少し辛抱して使っておけば、という後悔が強く残ります。無論、使った中で結果を残していないということはありますが、ここまでJリーグ・ACLあわせて200分程しか使っていないで、判断を下すのは酷すぎます。選手もパワープレー要員として、少し出て、結果を残せないというサイクルが続くと自信を無くします。これを糧に終盤の大一番に備えて、カルロンや増田、柴崎、本田、西等を積極的に使って欲しいです。

 
 ■目指すべきサッカーは?
 この試合もポゼッションサッカーを志向しながら、前半は全くボールを支配できず、後半はボール支配率は上がりながらも相手のマークを外せず、ボールを後ろに下げるばかりでした。もし、仮に今後もポゼッションサッカーを志向するのであれば、ボランチの青木は役割を果たせているとはいえず、中田を起用すべきでしょう。中田は今期はCBとして起用されていますが、ボールを散らす能力は青木より、はるかに優れています。守備力は遜色ないレベルにあるので、中田をファーストチョイスにすることを望みます。そして、攻撃的MFには、遠藤を強く推します。浦和戦からコンディションを落としていますが、再開後のチームの攻撃は間違いなく遠藤が核でしたし、キープ力は鹿島で随一です。遠藤を軸に攻撃を組み立てましょう。


 ■過密日程を味方につけよう!
 試合の振り返りはこれくらいにして、これからの話題に移ります。震災の影響で、6月・7月と平日にも試合が組まれております。これまではACLに参加するクラブとしないクラブで有利・不利がありましたが、ここからは条件は一緒です。ACL制覇のために集めた潤沢な戦力の真価を今こそ発揮するときです。過密日程を味方につけて、実戦の中で、今期を戦う軸となるメンバーを探しましょう。軸が決まれば、後はローテーションを取り入れて、いつも調子を落とす夏場の戦いで、逆に調子を上げていきたいです。軸さえ固まれば、調子も上がってくるはずです。条件が一緒になれば、他チームには必ず疲れが出てきます。苦手な夏場の過密日程ですが、今年は味方につけましょう!好調な広島相手のアウエーの戦いは苦戦が必至ですが、今後への希望が見えるような戦いを観たいです!


 最後まで読んで下さってありがとうございます。優勝争いから脱落した様に見え、降格争いが一部では囁かれておりますが、今期は優勝を争うと思われるACL出場クラブもまだ調子をあげておりませんし、昨年の名古屋のような独走が無ければ、実はまだ上位陣とはそんなに離されておりません。さすがに、広島戦での劇的な変化は厳しいと思いますが、その後は二週間空くので、その期間で連携を高めて、そこからの過密日程を利用して、確固たる今期の形を作り上げましょう!サポーターには、色々とストレスが溜まる展開が続いてしまっていますが、こんな時こそ支えるのがサポーターです。何度も奇跡を起こしてきたアントラーズを信じて、応援しましょう!
 更新の励みになりますので、「拍手ボタン」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。
スポンサーサイト




コメント(0) | トラックバック(0)
 いよいよやってきました!毎年、苦杯を舐めてきたACLの決勝トーナメントが。この時期に負けてしまうと、他のJリーグ勢が頑張っている中、また来年か、、と一年間失望感を味わうので、是非今年こそ勝利することを強く!強く願っております。


 ■注目のスタメンは?
 今回の遠征には、残念ながら、本山、田代、本田が帯同していないようです。この大一番では、浦和戦のメンバーから、西・増田が外れて、新井場・小笠原が先発するのが濃厚ですが、折角得点を入れた二人を変えるのは勿体無い気もします。今日のセレッソの思い切った選手交代を見て、流れを掴むには、思い切った選手起用も必要だと思いました。明日のスタメンは、今までどおりだと、前述の通りとなりますが、相手を欺くような采配があるのか注目です。
⇒(5/25追記) 増田が攻撃的MFとして先発する模様。FWの一角も大迫からカルロンに変更される。恐らく、増田は遠藤との交代となります。再開後のJリーグで、攻撃を支えていた遠藤が先発で出ないのは残念ですが、遠藤は途中出場で流れを変える事が出来ますし、何より、増田が山形で活躍していた時は、必ずといっていいほど、攻撃的MFで出ている時でしたので、期待しています!カルロンもこの大一番でスタメンを掴むほど、コンディションが上がってきているので、ここまで思うように活躍できなかった悔しさをここで晴らして欲しいです!


 ■相手の監督はチェ・ヨンス※監督代行です
 FCソウルの監督はチェ・ヨンスです。チェ・ヨンスといえば、ジェフでの活躍が印象深いと共に、日韓の代表戦では、敵意むき出しで、日本に向かってきていたイメージがあるので、明日もその闘争心をチームに注いで、臨んでくる事が想像されます。しかし、鹿島も負ける訳にはいかず、ここ数年でためこんだ悔しい気持ちと、被災者を勇気付ける使命を背負って戦っているので、気持ちでは絶対に負けないと思います。


 ■抜かりない準備
 二年経った今でも忘れられませんが、二年前はPK戦の末、敗れました。今回はPK戦にもしっかり準備しています。浦和戦の前から、しっかりPKの対策をしているので、FCソウルのスカウティングレポートは、鹿島の偵察隊によって、恐らくPKの癖までも網羅出来ていると思います。準備は抜かりないと信じておりますので、明日は気持ちで負けなければ、絶対に負けないはずです!


 最後まで読んで下さってありがとうございます。明日は、現地に応援に行けるサポーター、残念ながら行けないサポーター共に、全身全霊を込めて、応援しましょう!勝ちきれない試合を通じて、苦しい序盤戦となっておりますが、この壁を乗り越えれば、きっと状況は大きく好転するはずです!選手を信じて、勝利を祈りましょう!BEAT FCソウル!
 更新の励みになりますので、「拍手ボタン」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。 



コメント(0) | トラックバック(0)
 今回は、鹿島アントラーズについての更新ではありません。大阪ダービーが大変盛り上がっていたようなので、その試合について、記事に致します。

 
 まず、スタメンを見てびっくりしました。ガンバはこの大一番で、山口・高木が不在とはいえ、内田がスタメンに!一方、スタメン落ちも噂されていた乾はスタメンに入っておりました。中後のスタメンもあるかなぁと期待していたのですが、クルピ監督は仕掛けましたね!


 試合を大雑把に振り返りますと、立ち上がりから20分過ぎまではセレッソペースも、次第にガンバが盛り返す。0対0のまま後半に突入しますが、クルピ監督はこの大一番に、かつ延長戦もある一発勝負のこの試合に、二人のメンバー変更を行ないます。この交代により、小松が前線に、ピンパォンがシャドー気味な配置となりますが、これが成功、セレッソのペースに。この大英断は賞賛されてしかるべきだと思います。


 延長濃厚なところで、高橋のゴラッソ!このスーパーゴールにより、セレッソが激戦に終止符を打ちました。攻守の切り替えが早い非常に素晴らしい試合でした。


 セレッソ大阪は、リーグ戦では調子が上がらない中、大事な大一番に名将クルピ監督の采配が的中し、見事に勝利をおさめました。初出場で、ベスト8とはお見事です。今後の大会も勝ち進んでください!鹿島もセレッソさんは苦手なので、怖いです。


 ガンバ大阪にとっては非常に悔しい結果になりました。ガンバさんも鹿島と同じ、二年連続ベスト16止まりだったので、この試合に期する思いは強かったと思います。DF三人不在が痛かったと思いますが、トーナメントに強いイメージがあるので、とても意外な結果になりました。


 やはり、この試合を見て思ったのは、このラウンドで日本勢が潰しあうのは、非常に勿体無いという事です!今後も同様のケースが起こることは十二分に想像されるので、AFCさん、どうか、ドローのルール改正をお願いします!


 最後まで読んで下さってありがとうございます。更新の励みになりますので、「拍手ボタン」をクリックいただけると幸いです。感想など、お気軽にお願い致します。



コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。